コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

タグ:茶道 ( 76 ) タグの人気記事

お稽古~続きお薄、初炭~

今朝は、佐賀も雪でした。
とはいえ、積もるわけでもなく、ぼた雪がどんどんどん!と降っておしまい。
長野育ちの私は、もうちょっと積もればいいのに・・・とつまらなくもありましたが、
やっぱり雪は好きです。
ユウ君も、ほぼ初の雪にビックリして目が覚めたみたいです(笑)
長野の雪景色を見せてあげたいのだけれど・・・無理かなー。

******************************

さて、月末に引次の茶事がありますが、お稽古としては本年最後でした。
茶事では正客の予定が、急遽、亭主を務めることになりまして、
実践稽古ということで、続きお薄と初炭手前をしました。

続きお薄は、最近、良くしているので、少し細かな点をおさらいしました。
炭手前は、今年の初めに大炉でしたきり。
初炭となると・・・1年以上ぶり?
道具組みとか覚えておらず、どれが丸ぎっちょ??状態。
結局、先生に一から教えていただきました。

いざ、やり始めて見ると、
そういえば、そう仰っていたな~
と、おぼろげながら記憶が呼び起こされ、じわりじわりと手つきもそれっぽく・・・
とりあえず、茶事までは10日ほどあるので、自宅で割り稽古しておこうと思ったのでした。

お抹茶には各宗匠のお好みがあります。
裏千家坐忘斎好みの「千里の昔」(小山園)とか・・・
同じように、お香にもお好みがあるんですね。
今さらながら、炭手前をして、それに気づいたのでした。
[PR]
by nirakuy | 2009-12-17 07:51 | 茶道

お稽古 ~唐物~

今回のお稽古は、時間がゆっくり取れず、唐物点を一度だけ。

風炉と炉では、細かなところが違うので、オロオロしっぱなし・・・
ささっと切り替えられるようになりたいものです。

来年の終身正会員の申し込みをしてきました。
先月、真のお許状が届いていて、今月末に引次の茶事をして頂く予定です。
今年までは正会員でしたが、来年からは終身正会員。
研究会も年4回に増え、益々、奥深い茶道の世界に浸ることになりそうです。
来年は、地区大会開催も控えており、お茶関係は忙しい日々が続きそうです。
[PR]
by nirakuy | 2009-12-10 07:48 | 茶道

お稽古 ~続きお薄・茶通箱付花月~

数ヶ月ぶりにのんびりお稽古に伺いました。
炉になって早1ヶ月というのに、これが2度目の炉のお稽古とは・・・とほほ。

最近は、先生の趣味(?)で花月が多いです。
今回は、茶通箱付花月。
伝物につき詳細は控えますが、先生曰く「一番ややこしい花月」だそうです。
慣れたメンバーの方ばかりなので、意外にすんなり進むんですけどね。

続きお薄は、先生が月に一度されるお茶事で良くされます。
今月のお茶事は、私も参加予定なので、実践も兼ねてのお稽古です。


お稽古場には、すでに来年の初釜の日程が張り出してあり、あー、もうこんな時期か~と。
初釜は、唯一、好きな着物なり派手な着物を着ていける行事なので、楽しみで仕方ありません。
普段のお茶会では、季節感が・・・とか、色無地の方が・・・とか、色々ありますからね。
今からコーディネイトに頭をひねっています(笑)


それはそうと、お抹茶の効能とでも言うのでしょうか。
なんとなくイガイガしていた喉が、花月でたっぷりのお抹茶を頂いたら、
翌日にはケロっと良くなっていました。
抗菌作用のあるカテキンたっぷりのお抹茶は、健康にもいいのでしょうね。
[PR]
by nirakuy | 2009-12-03 07:37 | 茶道

盆点、投げ込み花月

8月は、お盆やら帰省やらで、お稽古をほとんどお休みしてしまいました。
気を取り直して9月です。

9月最初のお稽古は、盆点(丸盆)と投げ込み花月でした。

盆点では、丸盆を使ったのは初めてだったのですが、
盆の形状によって作法が変わるのが面白かったです。

四畳半投げ込み花月は、亭主をしました。
花月は楽しいのですが、年に2~3回しかやらないと、
足の運びがわからなくて・・・
それさえ何とかなれば、後は普段のお点前と同じなんですがー。

**********************

お稽古以外でも、とりあえず学習してみようということで、
先月から月刊淡交を購読しています。
盛りだくさんで面白いです。
特に、お抹茶はいろんな銘柄が出ているので、それを眺めているだけでも勉強になります。
[PR]
by nirakuy | 2009-09-03 19:45 | 茶道

卯の花点と長板二つ置き長緒茶入 ~着物でお稽古~

c0114942_14341100.jpg

浴衣は楽ですね、着付けが。
前回と同じ浴衣ですが、帯を変え蝶々結びにしました。

もう蝶々って年じゃないんですけどね~。
ほんとは文庫にするつもりだったんですが、
裏側がきれいに決まらなくて、そのまま寝せて蝶々にしちゃったという(^^;
しかし、この半巾帯は、ちょうど正面にくるところに汚れがついていて・・・
なにか結び方、考えた方がいいかもしれません。


さて、お稽古は、まず卯の花点(拝見あり)を。
去年の秋に月点をして以来の茶箱に触っていなかったので、
道具組みで悩み、所作で悩み・・・
お道具のほとんどをお見せする拝見では、驚きの連続!
ちなみに拝見の仕方も教えて頂いて、客と亭主の一人二役でした。

その後、長板二つ置きのお点前を。
茶入を長緒にして長緒の扱いを復習。
茶入も大海という形のもので。
良く使う肩衝や唐物とは、形状がかなり異なるので、扱い難かったです。
お抹茶の回し出しは、茶入を落としそうで冷や冷やでした。
[PR]
by nirakuy | 2009-07-23 16:24 | 茶道

洗い茶巾・貴人清次 ~着物でお稽古~

c0114942_1415494.jpg

先日は、浴衣でお稽古に伺いました。
久しぶりに着物でお稽古♪です。
この浴衣にこの帯は、この浴衣を作ってもらった時からの組み合わせ。
かれこれ10数年以上になりますか。
とっても見慣れてます。
帯も締めやすいです。
帯は片流し?にしました。
締めてたらタレ先が文庫にするほど無かったので・・・

c0114942_1413029.jpg

さて、お稽古は杉棚で洗い茶巾と貴人清次薄茶でした。
今年は良く洗い茶巾しています。
貴人清次の貴人台は、つい天目台と同じ持ち方をしてしまって良く訂正を頂きます。

ご一緒された方が、替え茶碗の扱いをされていましたが、
お終いの仕方で替え茶碗の扱いとの違いをお勉強しました。
[PR]
by nirakuy | 2009-07-20 23:31 | 茶道

和巾点と茶入荘

平日のお稽古は、主人とユウ君の協力無しでは行けません。
基本的には土曜日に行くのですが、週末は予定が入ることも多く、
振替で平日にお稽古させて貰うこともしばしば・・・
2人には、本当に感謝です。

c0114942_13442369.jpg

さて、お稽古は久~しぶりの和巾点。
過去のお稽古日記を見ると、2年2ヶ月ぶりですか・・・
唐物・台天目・盆点に並ぶ中級のお点前です。
名物裂で作られた古帛紗に、仕覆に入れた中次をのせて扱います。
昔の中次は、ほとんどが桐だったようです。

そして、茶入荘。
由緒ある茶入を古帛紗にのせて扱います。
よく、大事なものは両手で! と言われているので、
茶入を扱うときに、つい両手で扱いそうになります・・・
先生からは、すかさず、
それじゃ 唐物。和物だからコレは片手で。その代わり古帛紗に乗せるんですよ。
と、ご指導が(^^;
和巾点でも、中次を古帛紗に乗せて扱いますから、この2つのお点前は似ているんです。
和巾点の方が、幾分丁寧ですが。
[PR]
by nirakuy | 2009-07-02 07:12 | 茶道

茶通箱と流し点(風炉)

今月は時間がとれないため、2日連続でのお稽古となりました。
さすがに疲れました。

お稽古内容は、茶通箱と流し点、オプションで杉棚の入子点でした。
茶通箱は、お許状を頂いてすぐに1~2度した覚えがあるだけで、1年振りくらいのような気がします・・・。
道具組は記憶を手繰り寄せながら準備はしたものの訂正が一杯入りました(><)
そんなですから、手順を覚えているわけもなく・・・

茶通箱のときは、台子等の棚ですることが多いのですが、今回は棚無しで。
あまりやらないけれど、ちゃんと出来るんですよー
と先生。
終わると、ふぅ~って感じでした。


風炉で流し点は初めてだったのですが、道具を置く位置が独特で面白かったです。
ただ、体の向きを考えないと、お湯がとっても汲み難いなと思いました。
[PR]
by nirakuy | 2009-06-25 08:00 | 茶道

台子のお稽古

お点前の内容は、

台子濃茶の続きお薄
台子薄茶の洗い茶巾

台子のお点前で一捻り応用編でした。
大きく所作が変わる訳ではないのですが、小さくとも変化があるので面白かったです。

そういえば、ご一緒した方からきれいにお抹茶を点てているとお褒め頂きました。
↓の記事にも書いたように、先日のお茶会で使用したお茶が、とても点て難いお茶で・・・。
でも、裏千家のお茶は、こんもりふんわり泡が点っていてこそ!
折角、足元の悪い中お越し下さったのだからと、懸命に茶筅を振ったのでした。

お陰様で、一日にして自分でもこれについては上達したと思います。
点て難いお茶の感覚のまま、お稽古のお茶を点てたので、もうふわっふわですよ(笑)
先生からも
実践は身になるでしょう。上達されましたね。
と仰っていただきまして。
もう、ほんと、頑張ってよかった、と思ったのでした。
[PR]
by nirakuy | 2009-06-24 08:04 | 茶道

行之行台子・洗い茶巾のお稽古と茶会手伝い

3週ぶりのお稽古でした。

先月、行之行台子のお点前は、やっと手が動くようになってきたなーと思っていたのですが、
3週ぶりに行ったら・・・
要所要所で動作が固まって、あれ?次どうだっけ?状態。
短期で身についたものは、忘れるのも早いですね(^^;

洗い茶巾は夏のお点前ですが、はてさて・・・3年ぶりでしょうか。
去年は洗い茶巾のお稽古をしそびれて、
一昨年は確かツワリでこの時期にお稽古行ってないし。
こうなると、もう初めてのお点前みたいな様相を呈していましたよ(><)

なんとも、ダメダメなお稽古でした。

****************************

そして、茶会の手伝いにも行ってきました。
着物はこんな感じで。
c0114942_109186.jpgc0114942_109285.jpg
大叔母から譲り受けた
絽の一ッ紋色無地に、
絽の紫陽花柄の名古屋帯。
紫陽花は、祖母の手描き。
帯揚げ帯締めは淡水色。
長襦袢が見えませんが、
帯締めより若干濃い水色です。



この色無地は、譲られた時はきれいな水色だったのですが、
日焼けの後が多くて、濃い色に染め替えてもらいました。
しかし、帯、もうちょっと上に締めないと格好悪いですね。
おばあちゃんみたいだわ・・・
単衣にするか夏物にするか悩みましたが、いつぞや先輩が、
6月の上旬は単衣、下旬は夏物にすると、着る方も見る方も暑苦しさがなくて良いわよ~、
と仰っていたので、夏物にしました。
夏着物、初めての着用でしたが、それほど暑くなかったです。
私はほとんど水屋で裏方してました。
どうしても水屋は熱気で暑めになるのですが、
汗をダラダラかいて大変って事にはならなかったです。
むしろ、たまに部屋の外に出た時に、
袖のあたりをすーっと風が抜けるのがとっても涼しくって♪

着付中は、クーラーをガンガン効かせて汗をかかないようにして、
汗取りに購入した肌着は、かなり優秀な一品だったので助かりましたし。
夏着物って、ちょっと気持ちいいかも♪な一日でした。
安いのでいいから、普段用の夏着物が一枚欲しいなと思ってみたり・・・。


しかし、単衣?夏物?な中途半端な時期なだけに、
亭主側も客側も着物はホントいろいろでした。
着物は単衣で帯は冬物だったり、絽の着物だけど襦袢は冬物とか。
一般のお客様が多い大寄せならではの砕けた雰囲気でした。

茶会の様子は・・・
[PR]
by nirakuy | 2009-06-22 10:41 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31