コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

タグ:着物 ( 45 ) タグの人気記事

続きお薄(台子あり・なし)~着物でお稽古~

c0114942_933581.jpg
4月最初のお稽古がありました。
写真は余ったので頂いてきた干菓子です。かわいいでしょ♪

今月からカルチャーをやめて個人で教えていただくことになったせいか、お稽古の出だしが少し変わりました。
お稽古に伺うと、まず床間の掛軸やお花を拝見します。その後、月始めのお稽古なら、先生にお月謝をお渡しして「今月もよろしくお願いします」の挨拶をします。最初に先生にご挨拶しないんです。先生よりも床間のお軸の方が偉いんですって。だからみんなが尊敬できる方のお軸をかけるんだそうです。禅の高僧が書かれた書のお軸とか。同じお軸でも、有名な書道家が書かれたものじゃダメなんだそうです。

設えを拝見していたら、変わった釜がかけてありました。
透木(すきぎ)釜といって、釜に襟巻きがついてるんです!羽根っていうのかな?春になって暖かくなってくると、炉の熱がお客様にあたって暑くないように釜の回りの羽根で遮るんですね。5月からは炉を閉じて風炉になりますが、その前の4月に使う釜だそうです。ちょっとしたお道具の違いで季節を感じる。お茶の世界ならではですね。

さて、伺ってすぐ先生から月末に稽古茶事をするんだけど、お点前してもらえないですか?ってお話がががが。なんでも、お点前をする予定の方が急用でいらっしゃれなくなったのだとか。お客様でいらっしゃる方はOKなんだけれど、いかんせん亭主がいないと(^^;正午の茶事らしいので、懐石付で、初釜のような形でやりますとのこと。まぁ、何事も場慣れですから、やってみることにしました。稽古だからちゃんと教えるから大丈夫ですよ~っておっしゃってましたけど、どうなることやら。

ということで、今回はその稽古茶事とやらでする続きお薄のお稽古をしてきました。

普通、濃茶を点てる>片付ける>炭点前>薄茶を点てるとなるのですが、続きお薄では、濃茶の片付けと炭点前を省略して、薄茶を点てます。客や亭主が、続きお薄を提案して進みます。
これが結構ややこしい。
合間に煙草盆や干菓子などを運びこんでから、やっと薄茶を点てられるのですが、薄茶の間に濃茶で使ったお道具の拝見があったり・・・云々。なんとも、大変かつ長いお点前でした。覚えられるのかしら、私・・・・・・・どこかで特訓しなくてはいけないかもです(><)
1回目は棚や地板なしの一番簡単な形でお稽古しました。それでも、足は痛いし、頭いっぱいだし(笑)2回目は先輩が台子濃茶をしてくださって、途中の続き薄茶になるところから交代して私が。しかも、今日は一日腕がだるくて、なんだかうまく薄茶を点てられませんでした(T T)

c0114942_9254385.jpgお稽古はこちらの着物で。
紺地に紅型風のウール着物で。双鶴に花がちってい肌寒かったのでおそろいの羽織を着ていきました。帯は博多織。桜色の帯締め、帯揚げは薄紫と茶色のグラデーションに地模様が桜です。写真じゃ見えませんけど(^^;
それにしても、羽織紐が派手だわ。全然はんなりじゃないし。こういう蛍光色しか持ってないんですよ、私。もうちょっと地味な色がいいな。譲られたものなので、あんまり文句言っちゃいけないんですけど。まぁ、次の袷の季節までの課題ということで・・・。
[PR]
by nirakuy | 2007-04-05 22:57 | 茶道

夜桜見物

c0114942_0245691.jpg
PHOTO BY 旦那さん
昨夜、旦那さんと夜桜見物に行ってきました。
桜って車の移動で見る程度で、なぜか桜を見るためにどこかに行こう!ってなったことなかったんですけどね~。

行き先は神野(こうの)公園。
佐賀市内では、一番大きいのかな。臨時駐車場もありました。実は神野公園自体が初めてだったんですけど、結構広くてびっくりしました。
そもそも、この神野公園は、鍋島藩のお殿様の別邸だったんですって。池の上に迫り出すように隔林亭という茶室があります。その池の周りにぐるっと桜が植えられています。ちょっとすごい眺めです。月曜日はここで呈茶をしているそうです。でも、平日は仕事だからなぁ・・・。とっても雰囲気のいいところだったので、一度行ってみたいものです。

園内には1000本の桜。夜はライトアップされていてきれいです。
某サイトのお花見情報では5分咲きでしたけど、実際はもっと咲いている感じがしました。日当たりのいいところで8分~満開、日陰のところが5分かな。今週のお天気次第では、週末には散り始めているかもですね。

ショール一枚ではちょっと肌寒かったけど、花見客もいっぱい!七輪使ってる方も結構多くて、あちこちからいい香りががが。来年は花見をしてみるっていうのも、ちょっといいかもと思いました。

c0114942_0251332.jpg予定していた花見じゃなくって、夕方ふいに思い立って。仕事をばたばたと定時で切り上げて家に帰りました。
それから慌てて着物にお着替え。といっても、半襟つけからなんですけどね(^^;まぁ、半襟つけも大分慣れたもので、15分もあれば出来るようになりました。もっと速いともっと楽だろうな・・・。
お天気が怪しかったので、祖母のポリ着物で。黒い博多織の半巾帯をきりっと貝の口に結んでみました。帯が解けないように、黒色の帯締めを一本通しています。粋な感じになったかしら?でも、写真で見ると貝の口、なんだか大きいような・・・。
写っていないけど、きれいな常磐色の八掛がついてるんです。これをつけた祖母のセンスに脱帽です。
ずるっとするので着にくいですけど、これで着付け教室通ったので着難いながらも思い入れのある一着です。といっても、着付け教室の練習用として以降一度も袖を通してなかったんですけどね。だって着にくいんだもん・・・(^^;

園内の売店のおばちゃんに、流行のアンティーク着物ね~と声をかけられました。祖母の着物なんですよ~って話したらビックリしてらっしゃいました。なぜ・・・??
でも、昭和初期に生まれた祖母の着物ですから、良く考えたらアンティークを地でいってる着物なんですよね。そんなこと考えたことなかったから、なんだか不思議な気持ちになりました。

何を着ていこうか迷っていて、目星をつけた何枚かの着物が私じゃ着れない丈だとわかってがっかりでした。祖母と相談しなくては。
[PR]
by nirakuy | 2007-04-03 00:25 | 着物

佐嘉城内茶会

c0114942_1051595.jpg
開き始めたソメイヨシノ
昨日は、佐嘉城内茶会がありました。
佐賀城下ひなまつりのイベントの一つとして裏千家で主催する茶会で、佐賀城本丸歴史館では薄茶席と野点席、佐賀県職員互助会館とサガテレビロビーでは立礼席を設け茶会を行います。

私は今年が初参加。前日の大雨とは打って変わっての快晴。朝から薄茶席に伺ったのですが、開始時刻から20分と経っていないのに、次席を待っている方が沢山っ。40分くらい待ってやっとお席に入れました。
主菓子を待っている間、茶会記の拝見が回ってきました。初めて見る茶会記に興味深々。でも訳が分らず・・・写真撮らせてもらえばよかった(><)ただなんとなく、雛祭りや春を意識したおめでたい取り合わせなんだろうなということは分りました。
座った位置が悪くてお点前が柱の影でよく見えなくて残念でした。一席に40~50人がひしめきあって入るので、なんとなく全体的に慌しい感じがあり、ゆっくりお茶を楽しむのとはちょっと違ったような。お茶のお運びも一人一碗を運ぶので、ひっきりなしに人が出入りしていましたしね(^^;ただ、道具組みを拝見したり、茶会の雰囲気が味わえたことはとても勉強になりました。

さて、お昼からは青年部が主催しているサガテレビの立礼席をお手伝いしてきました。
最初は受付をお手伝い。チケット切や次の席が始まるまでの時間を案内したり。それほど忙しいわけではないので、お客様がいらっしゃらないときはのんびり外の風景を楽しみつつ・・・。
しばらくすると、受付を交替して今度はお運びのお手伝い。こちらは大忙し。会場の進行具合を見計らいながら、会場で点て始めました~っと合図があると水屋でも数人が茶筅をとってわーっと点て始めます。そしてお盆に六碗くらい載せて二人一組でお茶をお出しします。私はとりあえずお盆持ちで先輩方にくっついて歩いてました。お茶は一人一人に手渡ししますので、このときちょっと余裕を持ってやると、ゆったりした雰囲気になるかなぁと思いました。
何から何まで初めてで、役に立ったのかどうかわかりませんが、面白い経験だっと思います。でも、お手伝いにいっぱいいっぱいだったので、、茶席の設えや道具組みなど全然拝見する余裕がなくて終わってから結局どんなお席だったのか分らなかった~~ってなってしまいました。次はもう少し余裕を持って出来るようになっているといいなと思います。
次は6月に茶会の予定です。がんばらなくてわっ!

ビミョウだったかも・・・な装い
[PR]
by nirakuy | 2007-03-26 12:33 | 茶道

佐賀城下ひなまつり

c0114942_10193015.jpg
本日のカメラマンは旦那さん
お友達と佐賀城下ひなまつりに行って来ました。
8ヶ所ある展示会場のうちの7ヶ所を回り、ひなまつりを満喫してきました。鍋島緞通の実演や、焼き物のお雛様、和紙のお雛様、佐賀錦のお雛様、鍋島小紋のお雛様等、各会場趣向を凝らしての展示で見ごたえがありました。お天気も良く、楽しい散策になりました。

c0114942_1171629.jpgこちらは投扇興という遊び。文字通り扇を投げて的に当てる遊びです。100円で5投出来るのですが、最初は投げ方の説明と練習を何度かさせてくれます。練習中に当たったのもカウントしてくれます。かなり良心的(笑)的までは半畳くらいしかないのですが、それでも当てるのはなかなか難しいみたいでした。


c0114942_11162360.jpgお出かけの装いはこちら。白大島に博多織の帯。帯締め帯揚げは黄色系で統一。ピンク主体のお雛様らしい装いになったかな。
10年以上前、京都で記念にと買って貰った赤いボカシの入った桜の巾着を持ってお出かけしました。これまでずーっとお蔵入りしていましたが、やっと日の目を見ることが出来ました。

お友達と着物を着て出かけるのは初めてだったので、とても楽しかったです。ここ数年、着物ブームですから、着物はかなり受け入れられてるのかなと思っていました。ましてイベントですしね。でも、行く先々で着物素敵ですね~とか、着物はいいねぇやっぱり、とか声をかけられました。まだまだ佐賀で着物姿は一般的ではないのですね。
あ、でも嬉しかった事が。ランチに入ったお店で、着物を汚すといけないからとドリンク用にストローを持ってきて下さいました。そこは結構大きめ・深め・広口のグラスを使っていて、直接口をつけて飲むんですけどね。洋服で何度か行ったけれど、ストロー持ってきて下さったこととかないんですよ。こういう気遣いは嬉しいなって思いました。

茶席の設え
[PR]
by nirakuy | 2007-03-22 18:12 | おでかけ

着物の便利小物

着物を着て、家事等するのに困るのが袖。
ひらひらひらひら。
家の中では上っ張りを着ていますが、外ではそういうわけにもいきませんし。
ましてや、ちょっぴりいい着物を着て上っ張りでは、悲しいですし。
で、こんなの作りました。
c0114942_10294365.jpg帽子留めのクリップに適当にガラスビーズをあしらって。
真ん中はゴムなので、短ければ勝手に伸びますし、長かければ少し結んで短くすることもできます。これを帯の中か上を通して両袖に留めておけば、袂が~~ってならなくて済むってわけです。
本当は、クリップ部分が金属のものを探していたのだけれど・・・。適当なものが見つからず目立たないプラスチッククリップになりました。

これ、便利グッズとして売ってますけど、簡単なので作っちゃいました(^^)ビーズの趣が違うものを何本か作ったら着物にあわせて使えそうです♪
[PR]
by nirakuy | 2007-03-21 23:29 | 手芸

着物のお手入れ

17日土曜日のこと。
大叔母から譲ってもらった沢山の着物たちを、とりあえず一枚づつお手入れに出すことにしました。
困るのは、どこに出すか。洗い張りの看板を出しているお店は、佐賀市内にも数件あるのですが、どこがいいのかわからない・・・。着物の中には、日焼けしている着物もあります。出来れば染め直して着たいけれど、そこまでして着る価値のある品なのか、生地の痛み具合はどうなのか、私にはわかりません。そういうことをちゃんと教えてくれるところでないと、着物のお手入れをお願いするのは・・・。

結局、お茶の先生に事情をお話して腕の良さそうな処を紹介していただきました。
染め直したいものはひとまず置いといて、とりあえず単衣の付け下げの染み抜きと裄出しをお願いしてきました。c0114942_11385818.jpg
これは一部ですが、写真中央に黒い染みがあります。こういったシミがぱっとみただけで3ヶ所ありました。古い染みばかりなので、完全にとれるかわかりませんが、出来るだけやってみますとおっしゃって頂けました。
仕上がりを楽しみにしばらく待ちたいと思います。


この日は、染み抜きに出した後、伊万里まで足を伸ばしました。お天気が良く、車の中はポカポカ。暖かな春の日差しの中、着物を着たまま車でドライブです。伊万里では、贔屓の窯元さんと世間話。旬の味覚の菜の花のお浸しと、蕗の薹を使った自家製蕗味噌をお土産に頂いちゃいました(^^)
c0114942_13321183.jpg気軽なお出かけですから、着物も特に気張らず格子柄のウール着物に綿の名古屋帯を。この帯は、祖母が適当な綿の布地に裏をつけて仕立てたものです。裏は葡萄色のようなきれいな紫です。帯締めは、細い帯締めを3色使って春っぽく!?

日にちが前後してますが、この翌日に認定式で訪問着を着ました。普段、ウールや紬のような着付けもしやすいものばかり着ているので、久しぶりの訪問着は滑るし重いし。やっぱりたまには柔らかモノ着ないとダメですね~(^^;
[PR]
by nirakuy | 2007-03-20 09:32 | 着物

認定式

昨年7月にとった着付け3級の認定式がありました。
年度毎にまとめて認定証の授与があるので、半年以上経った今頃に式典があったわけです。私のように一番下の3級クラスから着装士や師範クラスまで総勢126名一人一人に認定証が授与されました。ちなみに着付けと言っても、私のいた3級は自分で着るだけ。人に着せる方法を習うわけではありません。

c0114942_1059067.jpgせっかくの式典ですので、朝から美容室で髪もしっかりセット。髪飾りは、母のイチョウ型の簪を借りていきました。この前髪を短くしてしまったので美容師さんが苦労されていて、この前かなりしっかり梳いたのに髪にピンが負けてる・・・とぼやいてらして、思わず笑ってしまいました。それでも、きれいにまとめて下さいました。結っていただくと頭が痒くなることが多いのですが、そういうこともなかったですし。もちろん、崩れてくることもありませんでした。
それにしても、帰ってからピンをはずしてみると、その数の多いこと!初釜のときの3倍くらいありましたよ(^^;自分でも扱い難いですし、すこ~し髪を伸ばそうと思いました。

c0114942_10472421.jpg着物はコチラで行きました。
元々は母が着ていたとかいないとか・・・よくわかりませんが、訪問着に袋帯です。着物はきれいな黄緑色。和色なら、若緑くらいの感じでしょうか。袋帯は朱色の地に、金糸で四角。帯揚げは、薄い黄色に雪輪と桜の花弁。帯締めはピンク色の地に三分金で矢絣です。ちょっとお上品な組み合わせになったかなと思います。来年の初釜はこれで行こうかしら♪
ちなみに、帯揚げと帯締めの組み合わせは違いますが、結納のときにもこの着物と帯で出席しました。

認定式後のパーティーでは、一級以上のクラスの方が変わり帯結びを実演されたり、着物と帯のファッションショーがあったりと大盛り上がりでした。また卒業生の中に、かしま(鹿島)にわか(俄)をされてる方がいらして、劇団?の方と披露して下さいました。コミカルな内容が会場の笑いを誘っていました。
3級取得時にご指導いただいた先生にもお会いできて、うれしい一時を過ごしました。目下のところお茶をメインにしているので1級まで取得する予定はありませんが、今後もどんどん着物を着て、自分なりの着物ライフを楽しんでいきたいなと思いました。
[PR]
by nirakuy | 2007-03-18 23:23 | 着物

濃茶平点前・茶杓荘・茶入荘 ~着物でお稽古~

お茶のお稽古行ってきました。
他の生徒さんがいらっしゃらなくてマンツーマン。みっちりお稽古してきましたっ。

で、ひたすら濃茶のお稽古。
濃茶は久しぶりでしたから、まずは平点前から。薄茶と流れは同じなので、プラスαのことを思い出しつつ・・・。
その後、茶杓荘(かざり)、茶入荘としました。茶入は濃茶でしか使いませんから、茶入荘は濃茶にしかない特別なお点前になります。
以前、濃茶点前をした時には、やることが多くて訳がわからなかったのですが、昨日3回続けてしたおかげでちょっと頭の中が整理された気分です。そして、やはり全ての基本は平点前なのだと改めて感じました。
今回は、釣り釜がかかっていました。ゆらゆらして扱い難かったです。時々先生が向きを直してくださいました。やっぱりさり気なくそーっと扱って、あまり揺らさないようにするのが上手というものなのかしら。

そういえば、25日の行われる佐賀城内茶会でお手伝いをさせて頂くことになりました。お茶会デビュー!?初めてですので役に立たないでしょうけど、がんばってこようと思います(^^;

c0114942_1028737.jpg1ヶ月ぶりぐらいの着物でお稽古でした。
ウール着物にポイント柄の名古屋帯で。帯締めは1本だと細めなので、三編みにして結んでいきました。ちょーっと短くなっちゃうんですけどね。
この着物、お稽古してたら襦袢の袖が手首側から出てきちゃったんですよ。1cmくらい・・・。裄が短いのかも。運転してるときはあまり感じなかったんですけど、一度測ってみなくては。
実は身丈ももう少し余裕が欲しいなという感じ。譲られた着物ばかりなので、寸法があってないものもチラホラ。全体的にチェックしてシーズンが終わったら対処法を考えないといけないですね。
結局、平点前の後、持っていた安全ピンで襦袢と袖を軽く固定したので、以降のお点前では事なきを得ました。
そして困ったのはヘアスタイル。
先日ばっさり切ったのですが、いちお肩にかかる長さ。お団子作ろうとしてもうまくいかず。奮闘すること15分、どうにか形になりました。ミディアムヘアのヘアアレンジ本を買わなくては・・・
[PR]
by nirakuy | 2007-03-14 21:29 | 茶道

帰省の収穫その3

東京経由で帰省すると、誘惑が多くて困ります。

雨の日装備をと思って青山でゑり華さんに寄りました。
昨年9月の帰省時に初めて伺ったのを、徐々に店員さんにも思い出していただきつつ・・・。
でも、思わぬ方向に話ががが。

ある意味、一目惚れ。
ある意味、運命。

と、私は勝手に思ってしまった物が。
かなり悩んだのですが、初お仕立てとなりました。

モノは、片貝木綿の鰹縞。
実は帰省の数日前、縞の種類がのっている本かなにかを見たんです。
一口に縞と言っても色々あるんだなと思いながら、
私はコレが好きだなぁ。
そう思ったのが、この鰹縞でした。
薄い色から濃い色へのグラデーションがまるで鰹の背から腹にかけての色調のようなので、鰹縞というのだとか。自分で洗えて、擦り切れるくらい着たほうが風合が出て素敵な木綿。仕立てあがりは5月頃とのこと。楽しみです。

c0114942_13572998.jpgc0114942_13574192.jpgもう一つの収穫はこちら。
浅草の西村商店にて、私と旦那さんの草履を。
(クリック拡大できれいな写真になります)
本コルクを使った台がとても柔らかくて、足が痛くならないのでお勧めですとのこと。実際に足をいれてみると、足裏へのあたりがふわっとしていました。花緒は、その場ですげて下さいました。
旦那さんのは、渋いシルバーグレーで着るものを選ばない色です。
私のは、オフホワイトの台に組み織りの帯からとった花緒。おしゃれ着にもフォーマルにも合わせられます。織りが涼しげなので、夏場を含む一年中使って大丈夫ですとのことでした。この草履、ハンプという凹凸のある加工がしてあり滑りにくいとのことです。

最後に、ランチを頂いたお店をご紹介。
野菜料理の(ごかく)さん。
写真は、旦那さんが頼んだ根菜と根三ツ葉の碗仕立て
たっぷりの根菜と熱々のだしのきいた汁が美味しかったです。
ランチは1300円~2800円くらい。
ランチとしては高めかと思いますが、味は◎
路地を入ったところで、しかも地下にあるので隠れ家っぽい雰囲気です。
ちょっぴり贅沢ランチにお近くの方はどうぞ。
c0114942_13554917.jpg

[PR]
by nirakuy | 2007-03-12 18:01 | 着物

帰省の収穫その2

  かくかくしかじかで、母が着ない着物が我が家へ来ることになりました。

そう旦那さんに言うと、
  入れるとこないじゃん!

そうなのよ、困るのよ~私も。
  だから、桐箪笥、もう一棹買っていい?

そうくるか!って顔をしつつ
  じゃぁ、一段ね

  ん、深いやつをね

怪訝な顔で、
  今入らないのが入るだけの深さね

  ん、だから深~いやつね

どんどん顔が曇って
  ・・・どれだけ増えるの?

  いっぱい(^0^)

c0114942_9261542.jpgで、見せたのがこの山。


喪服・絽と単衣
水色の色無地・絽
辻が花調の付下げ・単衣
笹の葉に雪化粧の付下げ・袷

名古屋帯



箱詰め用に三つ折にしたままを撮ったので特に多く見えちゃうかも(^^;
元々の持ち主は、大叔母なんですけどね。体を悪くしてもう着ないからということで、母に譲られていたものです。大叔母が京都に住んでいた時に誂えた物が多く、いい着物が沢山。着物ってこうして代々着継がれていくものなのだなと、改めて感じました。
今は、母の兄弟に着物を着る方がいらっしゃらないため、このまま行くと、いつか祖母や母の着物が全部私のところに来るのでしょうね。収納場所はもちろん、それらを着るためには身丈や袖丈、裄丈を直す必要も出てくるでしょう。それを全部呉服屋さんにお願いするとなると金銭的に難しいんですよね。とりあえず袖の直しだけでも自分で出来たほうがいいかなと思うこの頃。近いうちに祖母に袖の直し方を教えて貰おうと思っています。折角の着物、頂き物でも自分で着れるようにしなくちゃね。

一枚一枚は、着たときに紹介するとして、帰省の収穫その2ってことでUPしておきます。
染みや焼けがひどいものもあるので、一枚一枚チェックしてきれいにしておかないとっ。どこにお願いしようかしら。

あ、桐箱だか桐箪笥だかも探さなくては・・・葛篭もいいな。
[PR]
by nirakuy | 2007-03-11 23:28 | 着物
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31