コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

タグ:着物 ( 45 ) タグの人気記事

洗い茶巾・貴人清次 ~着物でお稽古~

c0114942_1415494.jpg

先日は、浴衣でお稽古に伺いました。
久しぶりに着物でお稽古♪です。
この浴衣にこの帯は、この浴衣を作ってもらった時からの組み合わせ。
かれこれ10数年以上になりますか。
とっても見慣れてます。
帯も締めやすいです。
帯は片流し?にしました。
締めてたらタレ先が文庫にするほど無かったので・・・

c0114942_1413029.jpg

さて、お稽古は杉棚で洗い茶巾と貴人清次薄茶でした。
今年は良く洗い茶巾しています。
貴人清次の貴人台は、つい天目台と同じ持ち方をしてしまって良く訂正を頂きます。

ご一緒された方が、替え茶碗の扱いをされていましたが、
お終いの仕方で替え茶碗の扱いとの違いをお勉強しました。
[PR]
by nirakuy | 2009-07-20 23:31 | 茶道

行之行台子・洗い茶巾のお稽古と茶会手伝い

3週ぶりのお稽古でした。

先月、行之行台子のお点前は、やっと手が動くようになってきたなーと思っていたのですが、
3週ぶりに行ったら・・・
要所要所で動作が固まって、あれ?次どうだっけ?状態。
短期で身についたものは、忘れるのも早いですね(^^;

洗い茶巾は夏のお点前ですが、はてさて・・・3年ぶりでしょうか。
去年は洗い茶巾のお稽古をしそびれて、
一昨年は確かツワリでこの時期にお稽古行ってないし。
こうなると、もう初めてのお点前みたいな様相を呈していましたよ(><)

なんとも、ダメダメなお稽古でした。

****************************

そして、茶会の手伝いにも行ってきました。
着物はこんな感じで。
c0114942_109186.jpgc0114942_109285.jpg
大叔母から譲り受けた
絽の一ッ紋色無地に、
絽の紫陽花柄の名古屋帯。
紫陽花は、祖母の手描き。
帯揚げ帯締めは淡水色。
長襦袢が見えませんが、
帯締めより若干濃い水色です。



この色無地は、譲られた時はきれいな水色だったのですが、
日焼けの後が多くて、濃い色に染め替えてもらいました。
しかし、帯、もうちょっと上に締めないと格好悪いですね。
おばあちゃんみたいだわ・・・
単衣にするか夏物にするか悩みましたが、いつぞや先輩が、
6月の上旬は単衣、下旬は夏物にすると、着る方も見る方も暑苦しさがなくて良いわよ~、
と仰っていたので、夏物にしました。
夏着物、初めての着用でしたが、それほど暑くなかったです。
私はほとんど水屋で裏方してました。
どうしても水屋は熱気で暑めになるのですが、
汗をダラダラかいて大変って事にはならなかったです。
むしろ、たまに部屋の外に出た時に、
袖のあたりをすーっと風が抜けるのがとっても涼しくって♪

着付中は、クーラーをガンガン効かせて汗をかかないようにして、
汗取りに購入した肌着は、かなり優秀な一品だったので助かりましたし。
夏着物って、ちょっと気持ちいいかも♪な一日でした。
安いのでいいから、普段用の夏着物が一枚欲しいなと思ってみたり・・・。


しかし、単衣?夏物?な中途半端な時期なだけに、
亭主側も客側も着物はホントいろいろでした。
着物は単衣で帯は冬物だったり、絽の着物だけど襦袢は冬物とか。
一般のお客様が多い大寄せならではの砕けた雰囲気でした。

茶会の様子は・・・
[PR]
by nirakuy | 2009-06-22 10:41 | 茶道

着物覚書

陶磁器フェアに引き続き、ちょっとおでかけがあったので着物で。

c0114942_13461174.jpg
花柄のウール着物に、木綿の縞帯を。
この縞帯は、
祖母が気に入った洋服地を帯に仕立てたものです。
足元は、黒田商店さんの下駄で。
この下駄、革をはってクッションが入っているので、
下駄なのにとーっても歩きやすいんです!
一日歩いてもなんともありません。

先日の三連休は、着物大活躍でした。

しかし、先日の格子のウール着物といい、
この着物といい、袖が短い~っ。
襦袢の袖が長くって、油断するとでろん~って襦袢の袖が!
この写真も、右は襦袢の袖が出てるし(><)
襦袢か着物か、どっちかを直さなくてはいけないようです。
祖母に頼もうか、直し方を教えてもらって自分でやるか・・・
どうしようかな。
[PR]
by nirakuy | 2009-03-27 12:00 | 着物

陶磁器フェア

先日、陶磁器フェアに出かけてきました。

普段、親子3人で地味~に暮らしているせいか、
久しぶりの人混みに人酔いして、途中具合悪くなったり、
ゆう君は歩かせてもらえないので、ぐずったりして、なかなか大変でした。

昔、100均で買った長皿。
サイズがちょうどよくって、とっても重宝してたんですが、欠けてしまいまして・・・
代わりのお皿を探しにいきました。

備前か織部か・・・志野もいいなぁ~と
行くまでは色々想像を膨らませていたんですが、
いざ見てみると、やっぱり備前がいいなぁーと。
陶板の数が出てないこともあったんですが、
結局、備前焼の本山和泉さんのお皿を頂いて来ました。
以前にも、こちらの作家さんの飯碗を頂いたことがあります。
手触り、口触りの良い、さらっとした生地が好きで愛用していました。
今回も備前焼の窯元さんは、多数いらっしゃっていましたが、
主人も私も良いなと思えた器でした。
作風が、我が家の好みと近いのかもしれませんね。

んー、秋刀魚の季節が、待ち遠しいですっ。

c0114942_13411652.jpg
さて、お天気も良かったので、着物で。
一日着倒した後なので、ヨレヨレです(--;
格子柄のウール着物に、
先日骨董市で購入した蝶々の名古屋帯で。
ウール着物だし、おめかし♪
って程でもなかったので下駄で行ったのですが、
ゆう君抱っこして下駄で歩き回るっていうのは、
足が痛くなって最後の方はきつかったです。
やっぱり足裏のあたりの柔らかい草履が
良いですねー。

帯揚げや帯締めの色を決めるとき、悩むと主人に意見を求めるのですが、
もうちょっと明るい、優しい色ないの?
って言われちゃいました(><)
よくよく見ると、秋に使いそうな濃い目の色ばかり・・・
春らしい柔らかい色が欲しいなぁと思いました。
[PR]
by nirakuy | 2009-03-23 10:53 | おでかけ

茶会手伝い覚書

先週に引き続き、今週も茶会の手伝いです。

今回は大寄せの茶会だったので、着物は小紋~訪問着まで、帯も名古屋~袋帯と、
亭主側も客側も、みなさん季節物でいろいろ趣向を凝らしていらっしゃいました。
私はといえば、初めてお手伝いに伺う茶会で、様子が分からなかったので、
どういう状態でも困らないように、色無地+袋帯で伺いました。
c0114942_959148.jpg
朱の帯にしたら少し春らしくなったんでしょうけど、
派手かもしれないと思って白地の帯にしました。
一応、帯揚げには桜が散っているんですけどね(^^;
来年は、春っぽく訪問着で行こうかな。

毎回、茶会のときに困る髪型ですが、
今回は、夜会巻きで行ったところ、
結構評判良かったです。
着物のときは、お団子か夜会巻きにするんですが、
お団子だと、どうかすると子どもっぽくなってしまって
着物とのバランスがちぐはぐになってしまうせいか、
夜会巻きにしたい!って思ってらっしゃる方は多いみたいです。
やり方教えて~!って声をかけてくださる方もいて、朝から頑張った甲斐がありました(^^)
夜会巻きで使う簪で飾りの少ない控えめなものが、一本欲しいなぁと思いました。

あ、今回ニューアイテムを使いました。
c0114942_1132368.jpg足袋ソックスです。
白足袋は、すぐに汚れるので、重ねて履いていきました。
茶席が始まる前に脱げば、
準備の時も足袋が汚れることを気にせず動けます。
脱ぎ忘れると、かなり不味いですが・・・。
丈も長いので、暖かかったです。
普段着物用に、こういうのもいいかもしれません。
特に寒い冬には、重宝しそうです。
[PR]
by nirakuy | 2009-03-15 09:52 | 茶道

茶会手伝い

ゆう君と主人に留守番を頼み、週末は茶会のお手伝いに行きました。
半日と聞いていたのですが、結局、自宅へ戻ったのは夕方。
待たせてごめんね(><)って感じですが、
今月は茶会づくしなので、来週もなのです(--;
お留守番組に何かお詫びを考えないとなぁ=3

茶会には、いちおう色無地を着ていったのですが、
水屋をする方が少なく、結局水屋に引き篭もっていました。
今回は、濃茶席だったので、裏でいっぱい濃茶を練る練習ができましたし、
先輩方から色んな小話も伺えて、とっても勉強になりました。

お客様がお茶をされてる方ばかりということなので、やっぱり色無地かなと、
急遽、母のものを送ってもらっての参加でした。
ただ、諸先輩方のお話を伺っていると、最近は訪問着や付下の方も多く、
以前ほど、何がなんでも色無地!!という風潮ではなくなってきているのだとか。
着物は、ここ数年ブームですが、訪問着ならまだしも、
色無地まで持ってる方は随分減ってるのではないかなと思います。
例え持っていても、袷のみで、単衣や夏物となると、さらに・・・
そんな着物事情の中、茶会のルールもちょっとづつ変化しているのかもしれません。
今回借りた母の色無地だって、仕付け糸ついてましたし。


余談ですが・・・
お茶をやっていると、日常的に竹を使ったお道具に接します。
柄杓、茶杓、茶筅、蓋置などなど、どれもお点前はないと困るものですが、
さて、どっちが竹の根なのか?どっちからどっちに伸びていたのか?
その見分け方を初めて知りました。
言われてみれば、あーなるほどなんですが(^^;
ちなみに、主人に聞いたところ、
そんなことは常識だ、と追加でいろいろウンチクをしゃべってくれました(笑)
まぁ、主人に言わせると、
「どれだけ竹で遊んだか」という経験の差だそうです。
[PR]
by nirakuy | 2009-03-09 14:52 | 茶道

骨董市

週末に骨董市があったので、久しぶりに着物でお出かけしました。

c0114942_1318617.jpg紅型風のウール着物
祖母お手製・椿の名古屋帯
薄い黄色の帯揚・帯締
これに黒地の大島のコート(写真なしです)
履物は、黒田商店の下駄と保多織足袋を。
半衿は白です。

バッグは、ママバッグの定番レスポだったので、着物のときに合うママバッグがあればいいなぁと思いました。

ゆう君が触っても気にならないように、家庭でお手入れできるウール、ポリ、木綿の着物の株が急上昇中です。正絹の着物なんて、おっそろしくって着れませんっ!(笑)ウール、ポリ、木綿、それぞれの良さがあって、もちろんどれも素敵なんですけど、紬着たいなー・・・と時々思います。特に真冬は(^^;

日中暖かかったので、途中コートを脱いで、ゆう君の膝掛けにしていたら、通りがかったお客さんが「いい膝掛けね~」とか、骨董屋さんのご主人が「大島は軽くて暖かいから良いんだよ!」とか、結構いろいろお声をかけていただけて、楽しいお出かけになりました。


骨董市の方はといえば、私は一目ぼれの名古屋帯がありました。
c0114942_13182362.jpg最近ちょっぴり気になっている蝶々柄です。これからの季節、ぴったりかな♪って衝動買いでした。今回、着ていったウール着物にも会いそうです。
私が良く行く骨董市では、よく使い込んである帯が多くて、未使用とかあまり使っていない程度の良い帯は少ないので、気に入った帯に巡り会えてとてもうれしかったです。
一緒に行った主人は、ちょっといいな~っていうのがあったようですが、お値段も良かったので、この度は見送りに。次の機会に良い出会いがあればいいですね。
[PR]
by nirakuy | 2009-03-02 13:39 | 着物

2009年 初釜 そして 初稽古

先日、初釜に行ってきました。

初釜では、昼食が出て濃茶薄茶とあるのですが、私は時間の都合で薄茶のみの参加となりました。昨年の初釜は、出産のため参加できませんでしたので、今年はとても楽しみでした。
先生のお点前を拝見できたり、普段はご一緒しない先輩方にお会いできたり、艶やかな参加者の姿を拝見したり、初釜恒例の花びら餅がいただけたりと短い時間でしたが楽しい一時を過ごさせていただきました。

初釜の後、私はそのまま初稽古をさせていただきました。
濃茶をいただいていなかったので、先生が初釜の席中で使う内側に金箔を張った茶碗でお稽古させてくださいました。金箔が剥げてしまうので、濃茶を練るときは恐る恐るでしたが、なかなか貴重な体験でした。

c0114942_1115544.jpgせっかくなので、着物で参加。
祖母に頼んでいたものがちょうど間に合ったので。
優しいクリーム色の地色に若草が描かれた訪問着です。これに朱色の袋帯。帯揚げは濃緑色の総絞り、帯締めも色をあわせて濃緑で。帯揚げと帯締めは、元々振袖用にあわせて買ったものですが、使えてよかったです。
総絞りの帯揚げって、すごいボリュームなんですね。結んだはいいものの、ごわんごわんになって、きれいに見えるように整えるのが大変でした(汗)

今回は振袖の方がいらっしゃいました。
やっぱり、振袖いいですね~、煌びやかで。豪華さが違いますっ。素敵でした♪

今年は、青年部にも参加させていただきますし、また一年、お稽古に励みたいと思います。



軸 鳳舞朝陽
[PR]
by nirakuy | 2009-01-16 23:59 | 茶道

着物でお稽古

書きかけのまま放置していた記事を、とりあえずUP

月初めのお稽古、久しぶりに着物で伺いました。
実に1年半ぶりの着物でしょうか・・・。
ゆう君への授乳が、朝晩だけになった(した)ので、着物復活です!
時間はかかるし、手順は悪いし、アラはあるし、いろいろでしたがなんとか着れました(^^;

着物は、鰹縞の木綿(単衣)に、祖母が描いた紅葉の名古屋帯を。c0114942_12371358.jpg
襟は、流行?の手拭い半衿です。
お稽古だけど柄物で(^^;
帯締め、帯揚げは、こげ茶で。
帯揚げ出すぎだし、下のガーゼは見えてるし、いつもの癖で手首ゴムとかしてるしっ)@□@(
お恥ずかしい・・・_| ̄|○|||

こっちは、お太鼓の柄↓
c0114942_12372035.jpg







肝心のお稽古はと言うと、11月からは風炉が炉になるので、平点前にて遠~くなった炉の記憶を呼び覚ましつつ・・・でした。
しかーし、今月は、出張やらなんやらで、残りのお稽古は行けないのです(泣)
来月がんばろーっ!!
[PR]
by nirakuy | 2008-11-10 12:47 | 茶道

大切な鼻緒

わが家の着物は祖母や母や叔母から譲ってもらったものばかり。どれも年季が入ってます。年季が入っているのは着物だけじゃなく、それを包んでいる畳紙も。破れていたり変色していたり、1枚の畳紙に複数枚の着物が入っていたり・・・。先日、畳紙を買ってきたので、そういった着物の整理をしました。

c0114942_16572149.jpg

さて、ここに一つの鼻緒があります。
母から出産オツカレサマ祝い(?_?)にもらった黒田商店さんの鼻緒です。
こちらの鼻緒は、奥さまが世界中から集めた布たちで出来ていますが、これもそのひとつ。レースや更紗など素敵なものがいっぱいあった中で気に入ったのがこのキリムの鼻緒でした。見るからに暖かそうで、ウールや紬の着物にあわせてストール巻いて寒い冬を歩きたくなりました。

でもね、これ、まだ鼻緒だけなんです。
黒田商店さん、例年2月に博多座にいらっしゃるのでそのときにすげて頂こうと思っています。今年はちょうど九州に戻ったばかりで、ゆう君の様子見や日々の生活におわれて行けませんでしたが、来年、是非着物姿で伺いたいなって思います。

古いものばかりのわが家の箪笥に、ちょっとだけ新しいものが眠っています。
まだ新しさが目立っていますが、年月がたって他のものと馴染んでいくのが楽しみです。
[PR]
by nirakuy | 2008-03-01 17:08 | 着物
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31