コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おとなの雛祭り

お天気続きの日曜日
福岡の着物ショップあはひさん主催のおとなの雛祭りというイベントに参加してきました。
c0114942_1349753.jpg
福岡市中央区警固にあるORTO CAFEにて立食パーティ。
ORTO CAFEの一部にはイベントスペースを設けてあり、そちらにはあはひさんと最近福岡にオープンした花屋BAROQUEさんとのコラボで、お内裏様とお雛様をイメージした素敵なオブジェが展示されていました。
c0114942_1432439.jpg写真暗くてすみませんっ。こちらはフラッシュ焚いたので、色とかはハッキリわかります。クリックして拡大してどうぞ。
c0114942_13493940.jpg
パーティ半ばでは、現在、二月博多座歌舞伎に出演中の野澤松也さんによる創作浄瑠璃ライブを堪能。ORTO CAFE内に設けられた舞台(桃の花の向こう)で、浄瑠璃と義太夫と文楽は人の名前なのだとか、三味線の棹は紅木と呼ばれるインドネシア辺りに生息する木を使っており、弦になる絹糸、太鼓の部分の犬の皮など、全てが輸入物で国外から入ってきた文化なのだというお話等して下さいました。そういった説明のあとに、昔話や童話などを元にした創作浄瑠璃を弾き語りで演奏して下さいました。予想以上に分りやすく聞きやすい内容で、浄瑠璃が歌舞伎よりずっと身近な印象になりました。

その後、協力のお店からのプレゼント抽選会などで盛り上がりました。私は惜しくも選に漏れましたが、新作紹介でいらしていたBANG & OLUFSENの方が、この日のためにセレクトしたCDを希望者全員にプレゼントして下さるというサプライズも。もちろん、お願いしてまいりましたっ♪

c0114942_1350640.jpg最後に受付で御菓子處 五島のお土産をいただきました。このイベントのために作ってくださった干菓子の詰め合わせ。可愛らしいお内裏様とお雛様もいらっしゃいます☆




c0114942_13512188.jpgさて、パーティのドレスコードは和ということでしたので、私は着物で伺いました。
鹿の子柄の白大島に、祖母による手描ツバキ(辻ヶ花)、羽織はピンクの綸子にバラです。お花屋さんとのコラボだと伺っていたのでを意識していたら、なんだかピンクピンクしてしまいました。パーティだしと思ったんですけど、ちょーっと派手だったかも(^^;
一緒に参加した旦那さんは、着物こそ着ませんでしたが和柄のシャツと帽子で参加してくれました。


立食だったので若干の疲れはありましたが、あっという間の2時間でした。
あはひさんは、今後もいろいろなイベントを企画してくださるとのこと。また、福岡着物マップなるものも製作中とのことでしたので、これから益々楽しみです♪

というか、一度お店にお伺いしないとですね・・・。ちょっと遠いので実はまだ足を運んだことがありません。これをご縁に是非一度っ!

partyの後の異文化交流!?
[PR]
by nirakuy | 2007-02-27 07:38 | 着物

佐世保ツーリング

なんとかお天気の良かった週末は、久しぶりにおでかけ三昧で過ごしました。
土曜日は旦那さんのバイクに二人乗りで佐世保へツーリング♪


・・・・・・・・・


と思いきや、久しぶりだったのでバイクのエンジンがかかりませんっ!
200kgオーバーのバイクを平地で必死に押しがけする旦那さん。
途中から私も手伝いましたが、まだかからず・・・。
最後は通りがかった近所のおにいさんが手伝って下さって、どうにかこうにかかかりました。
この時点で”吐きそう”とグロッキーモードだった旦那さんですが、落ち着いてから移動開始。高速を走ること1時間ちょいで、佐世保へ無事到着=3

c0114942_1135142.jpgさて、お目当ては最近流行の
佐世保バーガー
市内には何件かお店がありまして、まずは佐世保駅の観光案内所にて佐世保バーガーマップをいただき、噂に聞いたことのあるヒカリというお店に行くと決定。こちらのお店は、米海軍佐世保基地近くにあります。
お店についていざ注文と思ったら、なんと1時間待ち。駐車スペースが少なく、時間待ちの路駐の車が長蛇の列。
でも、食べないのは悔しいのでとりあえず注文。旦那さんはビッグスペシャルバーガー、私はベーコンエッグバーガーを。




待ち時間で九十九島を眺めにいきました。
c0114942_10491642.jpg
到着すると、ポラロイドカメラを持ったおじいさんから、写真を撮ってあげると声をかけられ、九十九島をバックに一枚パシャリ。思いがけないお土産になりました。
有名な夕陽の撮影スポットなだけあり、落日の時間を書いた看板がおいてありました。
遠く見えるのは、九十九島を巡る遊覧船です。海苔の養殖も見えます。
ちなみに、九十九島の島の数は208あるそうですよ。

c0114942_11124239.jpgさて、おなかを空かせてありついた佐世保バーガー。
お持ち帰りはビニールの袋に入っていたので、バンズが湿っていたのがちょっと残念でしたが、結構おいしかったです。ポテトとナゲットも食べて、お腹一杯になったところで、夜のイベントに備え帰路につきました。

”あなぐま”って思い出せますか?
[PR]
by nirakuy | 2007-02-26 22:44 | おでかけ

tea time

のんびり tea time

先日、久しぶりに立ち寄った MARINA DE BOURBON
たまたま、カウンターに広げられていたBERCEUSE(ベルスーズ)という名の紅茶
とっても楽しそうだったのでつい購入

カモミール
シトラスピール
ローズヒップ
オレンジフラワー
レモングラス
ミント
ハイビスカス
これらの入ったハーブブレンドティです

水色は綺麗なペールピンク
酸味の効いた香りと味が
すーっと疲れをとってくれる気がしました

BERCEUSEとは子守唄という意味
その名のとおり、就寝前に飲むと、心地好い眠りを誘ってくれそうな紅茶でした
c0114942_13453571.jpg
[PR]
by nirakuy | 2007-02-22 07:39 | お気に入り

大炉薄茶

昨日はお茶のお稽古で、大炉薄茶のお稽古を。

通常使う炉は一尺四寸のサイズ。大炉は一尺八寸。四寸 ーつまり約12cmほど大きいので大炉と呼ばれます。厳寒の候にだけ開かれます。

さて、この大炉のお点前、これまでのお点前と違う点が多々。

そもそも大炉の設置してある場所が通常の炉とは対角にあり、普段なら亭主の右にある炉が左にあります。その向こうに客が座ります。客側としては、一番寒い時期に一回り大きな炉でより暖かさを感じることが出来て良いのだと思います。
でも、亭主は大変。炉が普段と逆の位置にあるというだけで、お点前のほとんどが逆になります。基本的なところでは、足の運び。右から入っていたところは左で、左から出ていたところは右で出るようになります。帛紗も普段は左腰につけますが、大炉では右腰につけるなど・・・
ほとんどがこれまでとは逆の位置でのお点前となります。

先生は「頭の体操です♪」と楽しそうにおっしゃってましたが、こちらはかなり必死ですっ。
終わってから客側に戻って他の方がされるのを拝見しながら復習していると、そもそもはどうだっけ?てなってしまったり・・・。一度お点前をするのが一杯一杯でした。

今月は、もうお稽古がないので、次回は来年の今頃・・・!?ものすごーく不安です。


********************

これまでは、カルチャースクールの生徒としてお稽古に伺っていました。3月いっぱいで次期への更新となるのですが、今回、4月からは個人でお稽古にいらっしゃいませんかと先生よりお誘い頂きました。仕事との兼ね合いで、これまで何度か時間帯や曜日を変えていただいたこともあり、より自由のきく個人のほうがあっているように思うし、力を伸ばすのにも良いのではないでしょうかとのお話でした。
私自身、月2回のお稽古にちょっと物足りなさを感じていたこともあり、いける限り補習に伺うなどしていましたので、お声をかけていただけてとてもありがたい事だと思います。後1ヶ月ほどありますので、少し考えてみたいと思います。
[PR]
by nirakuy | 2007-02-21 07:51 | 茶道

角煮

「和」の食Vol.3より、角煮つくりました。

一手間多いけれど、こっくりな角煮は旦那さんもお気に入りの一品。
時間がかかるので、休日などにのんびり作ります。

c0114942_13315948.jpg
[PR]
by nirakuy | 2007-02-20 00:48 | 料理

ウルトラクイックブレッド

c0114942_10303441.jpg休日のブランチ

ウルトラクイックブレッドなるものを若干レシピ変更して作ってみました。いちおブレッドですが、発酵がいらないので簡単です。
(2006年11月レタスクラブ掲載分)



[レシピ1]
全粒粉 100g
強力粉 100g
  ・・・レタスクラブでは全粒粉200g、もしくは薄力粉200g
塩 小さじ1/2
粉チーズ 大さじ2
水 120mL

[レシピ2]
リスドォル 200g
塩 小さじ1/2
ドライハーブ(バジル・イタリアンパセリ) 各大さじ1
水 120mL

よく混ぜて、よく捏ねたら、それぞれ8分割して計16枚をフライパンでこんがり焼きました(焼き方:旦那さん)

[レシピ1]の分量だと生地がかなり固かったので、私は若干水を足しました。
個人的には、柔らかめの[レシピ2]のほうが好みでした。

c0114942_10533075.jpg
こんな感じでいただきました。
(手タレ:旦那さん)
[PR]
by nirakuy | 2007-02-19 18:26 | パン

台子薄茶・台子濃茶

茶道のお稽古は、台子(だいす)薄茶と台子濃茶点前をしてきました。

今年は複数の役を兼任してらっしゃる先生はちょっとお疲れ気味。2月は丸一日休める日がないのだとか。いつも元気いっぱいの先生も少しトーンが下がっていらっしゃいましたが、2時間きちんとお稽古をつけてくださいました。ありがたいことだと思います。

さて、台子を使ったお点前が普段とちょっと違うのは、柄杓を釜と柄杓立てのような細口の瓶以外には預けないこと。通常だと蓋置や建水に預けることもあるのですが、それをしないのです。釜のかかっている炉と柄杓立ては90度の位置関係にあります。いちいち柄杓たてのほうを向いて柄杓を立てかけたり取ったりしないといけないため、釜と柄杓たての間を何度も行ったり来たり・・・。
これを濃茶ですると、さらに行き来の回数が増えます。
基本は平点前でしている通りなのですが、やはり手数が増えるとうまくいかないことも多くて。

先輩が一度台子濃茶をしてくださったのですが、茶入を清める向きについて話が出て、私は単純に回しやすい向きということで反時計回りと覚えていたのですが、「唐物」といわれるものは時計回りで清めるのだそうで・・・。絶対忘れると、内心思ってしまいました。



今日のお軸は、西部文浄師の

紅爐(炉)一點(点)雪  紅炉 一点の雪
赤々と燃え盛る炉に 一片の雪が乗ると 瞬間にして溶けて消えてしまう
その瞬間こそが悟りであり
瞬間瞬間を大事にしましょう

という内容でした。
[PR]
by nirakuy | 2007-02-14 11:38 | 茶道

みかさんのクルミパンをアレンジして

昨年実家からクルミを送ってきました。
殻を割るのが大変なので、しばし放置していたのですが、このたび旦那さんがクルミたっぷりトマトソーススパゲッティを作ってくれるとのこと。
で、いくつか割ったんですが、余りが出まして。じゃ、クルミパンでも焼こうかということで、みかさんのクルミパン。

ちょっぴりアレンジは、クルミが少ない分チーズを追加したことと、黒砂糖を使ったこと。

はみ出たチーズが溶け出て香ばしかったですよ~
ローストしたクルミもいい感じでした。

リッチパンは久しぶりだったのですが、やはり翌日のふっくらしっとり感が違いますね~。

またクルミ割ってもらって作りたいですね。
[PR]
by nirakuy | 2007-02-06 11:44 | パン
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28