コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ホワイトデー

ネタができたので、更新です。
先日、彼から遅ればせながらホワイトデーをもらいました。

じゃじゃんっ!
c0114942_16242473.jpgクオカのペストリーボード。

思ってたより大きくてびっくりでした。
だめもとで、欲しいと言ってみたら~の、サプライズでした。
でも、これでパンやお菓子作りが楽になりそう。
やっぱりまな板の上って、狭いんですよね(^^;
ついでに、モルトパウダーも。


これだけでも、結構びっくりしたんですが、さらにびっくりしたものが、もう1つ。
フランスパンを作りたいから、リスドォルも欲しいと言いました。言ったけどね・・・・


c0114942_16244832.jpg
25キロってナンデスカっ!!!

サイズの指定をしなかったので、一番大きいのを注文したそうです。単価安いしって。
いっぱいフランスパン作れる~~~っヽ(^^)ノ
ということにしておきましょう(笑

えええええっ!ていうこともありますけど、やっぱりこうしてプレゼントしてもらえるってうれしいですよね☆感謝です♪




さて、明日から、出張です。

実は、他にもパンに関係するアイテムを注文しているんです、私。
届くのは4月以降なので、粉もいっぱいあるし、ペストリーボードもあるし、4月からは、フランスパン三昧の日々になりそうです~。
[PR]
by nirakuy | 2006-03-26 16:23 | パン

お茶のお稽古

5回目のお稽古に行ってきました。

先日、茶筅と抹茶を購入しました。正式な抹茶碗はありませんが、代用のお茶碗を使って盆略の練習を兼ねて一服しています。一日一服のお茶に和みの夜を味わっているこの頃です。


さて、お稽古ではまず盆略点前のおさらいをしました。完全なマンツーマンで、今だに覚えていないところをいくつか指摘していただきました。

準備からお終いまで一通りやったところで、千歳盆のお点前をやってみましょうと先生におっしゃっていただけました。よく旅館にいくとお茶碗の入った蓋つきの深いお盆ありますよね。あれを使ってやります。ちょこっと手順が増えますが、基本は盆略と同じです。

千歳盆を一通りやったところで、棗、茶杓の拝見をしました。棗と茶杓をお盆に並べてお客様に見ていただきます。最後に棗や茶杓の作や銘についての問答があるのですが、はっきり言ってもう忘れましたっ(爆
確か、茶杓の作「座忘斎お家元」(当代宗匠)銘「春のおとずれ」等々
棗の作「宗哲」(千家十職塗師)銘は完全に忘れてしまいました(><)

このあたりは、まだ言葉だけが独り歩きしていて理解には程遠いです…。
茶杓の銘は、月によっていろいろなものがあるそうです。何かの意味を込めてそのときの銘を決めるのでしょうが、どういう基準で決めたらいいのかよくわかりません。3月なら、春うらら とか 春風 とか 寒梅 とかあるそうです。


千歳盆のお稽古の間に先輩がお二人いらっしゃいました。裏千家の研究会があるらしく花月というお稽古にいらっしゃったようでした。花月というのは5人でやるお点前なのですが、花の札を引いた人がお茶を点て、月の札を引いた人がお茶をいただくというゲーム感覚の変わったものです。たまたま人数が足りなかったので私もお仲間に加えて頂けることになり、ひたすら先生や先輩からこうしてあぁしてと逐一教えていただきながら恥かきまくって来ました。もうどうやっていたかも覚えていませんが、5人でまとまってやるというのも、お互いに意識しあって楽しかったです。私なんかのお茶を飲まされた先輩には、非常に申し訳なかったですが…(^^;私としてはすっごく勉強になったので良かったんですけどね。



盆略メモ:
お終いの挨拶のタイミング、茶筅通しの回数

千歳盆メモ:
お盆の持ち方
蓋の内側に絵があるのでお茶碗を専用袱紗の上に置く
蓋も三の字で清める
袱紗は建水とお盆の間に置く
置いた袱紗は左手で取り、左手で置く
[PR]
by nirakuy | 2006-03-17 15:30 | 茶道

お茶のお稽古

4回目のお茶のお稽古に行ってきました。


お稽古の内容は、前回一通り教えていただいた盆略点前の復習でした。
お稽古のない日に復習したのですが、実際にやってみると細かいところを間違って覚えていました。要注意です。間違ったところ復習しないとっ(^^;
次回は1週間後に伺うので、もうちょっときちんと覚えているかなぁ。

盆略点前を少し進化させたお点前に 千歳盆点前 というのがあるそうです。こちらに千歳盆点前の様子がのっています。先輩がお点前の練習をされているところを拝見しましたが、盆略点前でちょっとやりにくいなと思うようなところが改善されているようです。家で千歳盆に一式いれて置いてあったら、いつでも気軽にお抹茶がいただけていいなぁと思いました。
盆略点前を覚えたら、千歳盆をやってみましょうと先生からお話がありました。来月は千歳盆に入れるかしら?


お菓子は、干菓子が菱餅の落雁と扇形に雛人形を描いたもの、主菓子は桃でした。
菱餅の色は、上からピンク、白、緑ですよね。これにはちゃんと意味があるんだそうです。白は雪、緑は植物、そしてピンクは桃の花。雪解けを前に桃の花が咲き、雪の下では植物たちが春を待っている、そんな情景を描いたものなんだそうです。だから、この色の順番が変わることはないんだそうです。
ひな祭りには定番の菱餅。色の取り合わせはずっと不思議だったのですが、やっと意味がわかりました(^^)

他におもしろいお話だったのが、日本では奇数を陽の数として大事にしていたため、奇数の揃う日はお祝い事があるということです。1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日。特に9は一番大きな陽の数とされるため、重要な陽の日ということで重陽の節句と言われるそうです。



教室にちょっと早めについたら前の時間の生徒さんがいらっしゃいました。お洒落なおばあちゃまで、かれこれ30年以上もお茶をされているとか。お点前は拝見できませんでしたが、着物をぴしっと着こなしてきびきびと動く姿はとても素敵でした。
私のお稽古のときにも先輩が着物でいらしていました。やっぱり着物を着てお稽古したいです。着付け教室、本気で探そうかな。
[PR]
by nirakuy | 2006-03-09 15:32 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31