コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:茶道( 76 )

大炉薄茶と誰ヶ袖棚濃茶(炉)

2月はイベント、3月は茶会等々、しばらく慌しい毎日を送る予定のブログ主です。

さて、久しぶりにお稽古行ってきました。
お稽古場に入ってビックリ。
大炉になっているじゃぁありませんか!
この時期にしかできない貴重なお点前を、すっかり忘れていたなんてっっ!
季節を感じるゆとりがないのか、まだまだお茶が別世界のことなのか・・・
どちらにせよ、精進不足です(>□<)

内容は、大炉薄茶と誰ヶ袖棚濃茶(炉)でした。

大炉では、所作が左右逆転するので、右往左往。
それでも、以前させていただいた時より、幾分スムーズに出来た気がするのは、
ちょっとは身になっているのかなー
などと、ちょっと自分に大甘になってみたり(^^ヾ
薄茶平点前でも、あちこち注意されるのに、大炉で棚とか濃茶とか・・・考えられませんっ。
でも、ご一緒した先輩は、ちゃんと大炉で濃茶をされていて、さすがだなぁと。

いつもと違う曜日に伺ったので、久しぶりにお会いする方ばかりで、
和気藹々としたお稽古に気分もリフレッシュ。
今月は、なんとかもうちょっと通いたいと思うのでした。
[PR]
by nirakuy | 2009-02-19 12:56 | 茶道

お茶のお稽古

お稽古行ってきました。
今月は、あまり休まずに行けてます。今のところ・・・

入子点やって、淡々斎好みの誰が袖棚で濃茶を。

午前中に伺って、さっさと帰ろうと思いきや、先客が4名。
かわりばんこにお点前するので、2回目のお点前する頃にはお昼回ってました。
その頃、ちょうど先生にお客様がいらっしゃって、

一服点ててさしあげてください

って・・・。
他の生徒さんは、みんな帰っちゃって、残るは私ひとり。
私が点てるのねー。

結局、先生のお宅を出たのは1時半すぎ。
おっかしーなー、12時すぎには終わるはずだったんだけどなー。
世の中、なかなか思い通りにはいきませんなぁ。

あ、でも、誰が袖棚だと長板と同じ扱いにとか、和紙を貼ったちょっと変った棗が見られたり、やっぱり行くと何かしら面白いことや気づきがあるのは、いいですよね。
[PR]
by nirakuy | 2009-01-26 12:31 | 茶道

2009年 初釜 そして 初稽古

先日、初釜に行ってきました。

初釜では、昼食が出て濃茶薄茶とあるのですが、私は時間の都合で薄茶のみの参加となりました。昨年の初釜は、出産のため参加できませんでしたので、今年はとても楽しみでした。
先生のお点前を拝見できたり、普段はご一緒しない先輩方にお会いできたり、艶やかな参加者の姿を拝見したり、初釜恒例の花びら餅がいただけたりと短い時間でしたが楽しい一時を過ごさせていただきました。

初釜の後、私はそのまま初稽古をさせていただきました。
濃茶をいただいていなかったので、先生が初釜の席中で使う内側に金箔を張った茶碗でお稽古させてくださいました。金箔が剥げてしまうので、濃茶を練るときは恐る恐るでしたが、なかなか貴重な体験でした。

c0114942_1115544.jpgせっかくなので、着物で参加。
祖母に頼んでいたものがちょうど間に合ったので。
優しいクリーム色の地色に若草が描かれた訪問着です。これに朱色の袋帯。帯揚げは濃緑色の総絞り、帯締めも色をあわせて濃緑で。帯揚げと帯締めは、元々振袖用にあわせて買ったものですが、使えてよかったです。
総絞りの帯揚げって、すごいボリュームなんですね。結んだはいいものの、ごわんごわんになって、きれいに見えるように整えるのが大変でした(汗)

今回は振袖の方がいらっしゃいました。
やっぱり、振袖いいですね~、煌びやかで。豪華さが違いますっ。素敵でした♪

今年は、青年部にも参加させていただきますし、また一年、お稽古に励みたいと思います。



軸 鳳舞朝陽
[PR]
by nirakuy | 2009-01-16 23:59 | 茶道

久しぶりにお茶へ

お稽古行って来ました。
最近、月1回になってるー!
ゆう君が具合悪かったり、用事があったりで、まぁしょうがないんですけどね(--;

杉棚で薄茶と、行之行台子(濃茶)と一度ずつ。
行之行は・・・1回か2回、風炉のときにやったきりで、すーっかり忘れてました。
八卦盆を使うことすらです。
しかも、今回は炉になったことで、中終いがあって、ややこしさ倍増。
来週行っても、絶対忘れてる・・・。

でも、なんとかお稽古できて良かったです。
来週が年内最後!
がんばるぞっ!!!
[PR]
by nirakuy | 2008-12-21 12:43 | 茶道

着物でお稽古

書きかけのまま放置していた記事を、とりあえずUP

月初めのお稽古、久しぶりに着物で伺いました。
実に1年半ぶりの着物でしょうか・・・。
ゆう君への授乳が、朝晩だけになった(した)ので、着物復活です!
時間はかかるし、手順は悪いし、アラはあるし、いろいろでしたがなんとか着れました(^^;

着物は、鰹縞の木綿(単衣)に、祖母が描いた紅葉の名古屋帯を。c0114942_12371358.jpg
襟は、流行?の手拭い半衿です。
お稽古だけど柄物で(^^;
帯締め、帯揚げは、こげ茶で。
帯揚げ出すぎだし、下のガーゼは見えてるし、いつもの癖で手首ゴムとかしてるしっ)@□@(
お恥ずかしい・・・_| ̄|○|||

こっちは、お太鼓の柄↓
c0114942_12372035.jpg







肝心のお稽古はと言うと、11月からは風炉が炉になるので、平点前にて遠~くなった炉の記憶を呼び覚ましつつ・・・でした。
しかーし、今月は、出張やらなんやらで、残りのお稽古は行けないのです(泣)
来月がんばろーっ!!
[PR]
by nirakuy | 2008-11-10 12:47 | 茶道

お稽古

主人が喉が痛い・・・鼻が詰まってる・・・痰が・・・って言ってまして・・・
翌日には、ゆう君が鼻詰まり&けほけほ言ってるし。
とうとう私にも回ってきたようで、朝から喉と鼻が・・・。
とりあえず、ゆう君と私で耳鼻科を受診したら、鼻風邪みたいです。
二人してお薬いただいてきました。
ゆう君は鼻水を吸い出してあげてくださいと言われました。
で、鼻水の吸引器を買ってきたんですが、もう大泣き(><)
小一時間、わんわん泣いては疲れて寝てを繰り返し、お風呂にいれてどうにか復活。

*************************

6月のお稽古初日。
行之行之台子と大円草のお許状をいただきました。
どちらも奥儀の基礎となる大事なお点前です。
この後、真之行之台子と大円真をいただいたら、いよいよ茶名となります。
と言っても、そこはまだまだ先の話ですが(^^;
[PR]
by nirakuy | 2008-06-13 23:43 | 茶道

お茶のお稽古

昨日、ゆう君の保育園申込みに行ってきました。
主人も園の様子が見たいと仕事休んで、家族揃って見学。
これから一緒に過ごすお友達とも会ってきました。
みんなお座りやハイハイのできる10ヶ月以上の子ばかり。
どうやらゆう君が一番年下ってことになりそうです。
お世話になる先生に抱かれて、まだよくわかっていない様子のゆう君。
6月1日からならし保育ということで、午前中2時間だけ通うことになりました。
私の職場復帰は7月から。
それまでに先生やお友達になれてくれるといいんですけど・・・

**********************

主人が休みなのを利用して、お稽古に行きました。
UPしてないお稽古が2度ありました。
新しく教えて頂いたのは、茶通箱。
あとは、これまでやった四ヶ伝の唐物・盆点・台天目のお稽古。
なんとなく苦手な台天目。
唐物・盆点が茶入に重きをおくのに対して、台天目は茶碗に重きがおかれます。
そのため、細かなところで所作が違ってくるので、混乱気味で・・・。
ここ3回、1度は台天目をさせていただいていた割には、いまいち。
先生曰く、
下のお点前程、簡略化されているんですよ
上のお点前をすることで、どこがどう略されているのかわかるようになるから、
そしたら下のお点前も理解しやすくなりますよ
だそうです。
勉強は3年になると1年でやったことの意味がわかると聞いたことがあるけれど、
習い事も似たようなものなのかもしれないですね。
[PR]
by nirakuy | 2008-05-22 19:52 | 茶道

唐物点

先日は、唐物点のお稽古してきました。

だいぶ手順は覚えてきたのですが、そのせいか焦ってお点前してるそうです。
ゆっくりじっくりやりましょうね、と先生から。
せっかちな性格が出てるんでしょうね~(^^;
いけない、いけない。

ところで、拝見のときの行の袱紗さばきが、なかなか上手くいきません。
どうしても袱紗の角が汚くはみ出してしまって・・・
コツは先生が教えてくださったので、練習あるのみ!ですね。
これは家でも出来ますし。
[PR]
by nirakuy | 2008-04-27 18:21 | 茶道

お茶のお稽古

今回は、先週やった盆点の復習と、台天目を教えていただきました。
台天目は、貴人台と呼ばれる台に天目茶碗がのっているお点前。
貴人点のちょっと難しいバージョンなのかなと。
ここ最近教えていただいているお点前は、より上のお点前をするための準備段階で、ここでいろいろなお道具の扱いをしっかり習熟しておくと、上のお点前をするときにスムーズなのだとか。
覚えることが満載ですっ。



さて、今回のお軸は、

弄花香満衣 (ハナを ロウすれば カ エに ミつ)

でした。
これは、

掬水月在手 (ミズを キクすれば ツキ テに アり)

という句と対になっていて、前者は春に、後者は秋にかけることが多いのだそうです。元々は、中国の詩人が詠んだ詩の一節が、禅語として解釈されて使われるようになったとのこと。

難しいことはともかく、情景がぱっと浮かぶ親しみやすい一節だなと思いました。
[PR]
by nirakuy | 2008-04-12 17:45 | 茶道

お茶のお稽古

土曜日のこと。
今回は、前回教えていただいた唐物点の復習と、盆点を新しく習いました。

最初、準備していた茶入は大名物でもっと上のお点前で使うものだったらしく、いい機会だからと茶入の名や仕覆の名前をいくつか教えていただきました。

唐物点、手順はひと通りあっていたようで、比較的すんなり進みました。
盆点も唐物同様、四ヵ伝のひとつで、手順はかなり似ているのですが、茶入を盆にのせる分ややこしくなる感じでした。
あと、拝見のときは、茶入の形ではなく伝来を聞くので、伊達家伝来の~~となるのだそうです。

いろいろな名前を教えていただいたり、細かな所作を教えていただきましたが、お茶のすくい方について。
利休百首には、
茶入より茶掬うには心得て 初中後すくへそれが秘事也
とありますが、最初は少しすくい、段々多くすくうようにしましょうねと、注意をいただきました。
茶席に入るときに持っている扇には、利休百首が書いてあるのだけれど、買ったときに開いて以来・・・ひとつずつでも覚えてお稽古に生かしていかなくてはと思いました。

*************************

日曜日のこと。
主人の友達のところへ、ゆう君を連れてご挨拶に。
ベビーベッドを譲って頂いたり、新生児用の服を譲って頂いたりと、いつもお世話になっているお友達。
今回も、もう使わないからとベビーチェアを譲って頂きました。
来月くらいからは、離乳食も始まるので助かりました。
服のサイズの選び方やら、おむつのサイズやメーカーの選び方なんかも教えて頂いて、なるほどーと思うことが多かったです。
先輩ママがいるって、助かります。

しかし、どこにいっても大きいって言われるゆう君。
ま、小さく産んで大きく育てろって言うし、なにより元気だからいいんですけどね。
[PR]
by nirakuy | 2008-04-08 18:44 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31