コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:茶道( 76 )

行之行台子・立礼

年度末の慌しい中、一つ懸案だった仕事が昨日片付き、ほっとしてお稽古へ。

久しぶりに立礼のお稽古と、先週に引き続き行之行台子のお稽古。
時間ばかりを言うのも違うのですが、
行之行台子を諸先輩方はだいたい45分程度で終わられます。
私もそれを目標に、ご指導いただきながら、なんとか45分で終了。
初めての行之行台子は、1時間以上かかっていた覚えがあります。
ちょっとは進歩してるんですね(笑)
細かな所作は、まだまだで精進あるのみ!ですが、
先週もしていたお陰で、少しずつ、体が動いているなというのを感じています。

むしろ、1年以上ぶりの立礼の勝手が分らず、右往左往。
あまりのウロタエっぷりに、先生から
あまり立礼はお稽古してませんでしたっけ?
と、言われてしまう始末・・・
とほほ・・・
練習ノートを見直して、やり直したいと思います!
とはいえ、立礼って、なんだかとても苦手意識があるので、結構練習しないと厳しいかも!?
[PR]
by nirakuy | 2010-03-18 06:48 | 茶道

お茶のお稽古~行之行台子

久しぶりですが、いろいろあったので、2月分、まとめてアップしました!

-------------------------------------

お茶のお稽古に伺いました。
今回は、ちょっと遅かったので一度だけお点前をさせて頂きました。
でも、じっくりみっちりなお稽古でした。

行之行台子は、ログをみてビックリ、6月以来!
6月ってことは、風炉・・・
炉では・・・3月か・・・=3
先輩が先にされたのでなんとなくは思い出しましたけど、
いざ自分の番となると手が動きませんねぇ。
行の四方捌きとか(´~`ヾ)

ただですね、最近は特殊点前ばかり続いたせいか、
難しくても一番馴染みのある本勝手な行之行台子は、心なしかホッとしたのでした(笑)
[PR]
by nirakuy | 2010-03-11 13:14 | 茶道

夜咄(よばなし)の茶事

c0114942_8483958.jpg

2月末に夜咄の茶事をしました。

和蝋燭の明かりの中で行なわれる茶事の幻想的なこと。
亭主としては、暗くてお茶もお湯も量が分らず、難しいこと限り無し、でした。
本来は、茶事に慣れた玄人が行なうお茶事だそうで、
そういう方にとっては多少の暗さは関係ないのでしょうね。

今回は、都合で初心者の方ばかり。
18時半過ぎに席入りをして、終わったのは23時過ぎ。
本当は、3時間程度で終わるものなのだそうです。

夜咄の茶事では、席入り後、すぐ初炭ではなく、前茶があります。
お薄なのですが、人数分を一碗に点て、濃茶のように皆で一碗から頂きます。

懐石だけは蛍光灯の明かりで頂きましたが、これも本来は和蝋燭の明かりで頂きます。
太い蝋燭だったので、戸の開け閉めの時などは、襖に燃え移らないかと心配で心配で・・・
長時間のお茶事になってしまいましたが、無事、お宅を燃やすことなく終わりました(笑)

お茶事は大変です。
それでも、いつもやって良かったと思えます。
特に、この夜咄は格別の味わいがあり、是非もっとお稽古を積んで、
また同席させて頂きたいと思いました。

c0114942_8491888.jpg
着物は、ポリです。
2月はお天気がいまいちだったので、出番が多かったです。
帯は、蝶々(名古屋)。
ちょうど、暖かい日が続いていたので、春の便りっぽい装いです。
帯揚げと帯締めは、お茶席なので大人しめに黄色系にしました。
緑系にしたものは、先日の天神散策で着ましたが、そちらも良かったです。
[PR]
by nirakuy | 2010-02-28 19:02 | 茶道

着物でお稽古~夜咄の茶事の練習~

お茶事の亭主を務めることになり、久しぶりに着物でお稽古に伺いました。
手燭の扱いや、慣れない初炭をお稽古しました。

暖かい日だったのですが、お天気はいまいちだったので、ポリ着物です。
この着物の八掛は、常盤色でとてもきれいなんです。
帯はちょっと締めにくい・・・いや、生地が薄いし柔らかいから締めやすいのですが・・・
えっと、色柄は好きなのですが、すぐに生地がよれるんです。
写真でも、帯にしわが寄ってますね、お恥ずかしい(><)
帯板と合ってないのかなぁ・・・
c0114942_8542585.jpg
[PR]
by nirakuy | 2010-02-21 19:06 | 茶道

大炉濃茶、雪点拝見有・無~

お稽古行ってきました。

2月限定の大炉・・・やっとお稽古できました!
毎年、大炉を最初に使わせて頂くときは、あれ?ってなるところが多いのですが、
先月から特殊点前で逆勝手等していたお陰で、すんなり入っていけました。
お道具位置も、普段の本勝手とは若干違うのですが、あまりもたつかず・・・。
お稽古の成果かも!?
とか調子に乗っていると、
じゃぁ、今度は銀瓶出てるから茶箱でもやりましょうか~(^^)
と、先生がおっしゃり、一気に冷や汗が・・・

花点、卯の花、月点、雪点とある茶箱の中で、
雪はやった覚えがなかったので挑戦。
お道具組みから教えていただき、お道具のとき方~拝見、終い方まで、みっちりと。
茶箱はオママゴト風なので覚えてしまうと楽しいのですが、
年に数えるほどしかやらないと、毎回大変で・・・
さて、次はいつかな(ーー;
[PR]
by nirakuy | 2010-02-15 06:59 | 茶道

呈茶

仕事立て込み中で、更新滞ってます・・・
ちょっと前のことですが、覚書代わりにUP。

****************************

お茶の集まりがあり、呈茶もあるので着物で参加。
今回はフランクな集まりだったせいか、
他の出席者の方も普段のお茶会では着てこない装いでした。
いろいろと目の保養にもなって楽しかったです。

呈茶では、鶯の落雁と、大宰府天満宮の鳥居に見立てたせんべいが出ました。
せんべいには、ピンク色の餡が挟んであり、
きっと梅の花のピンクよね!
と、2月先取りで季節を楽しみました。

c0114942_9222375.jpg
私は主催者側だったので薄緑の訪問着で。
帯は朱色地に四方柄の袋帯。
帯揚、帯締は、黄色系でまとめました。
一日着た後なので、少々着崩れてみっともないですが、ご勘弁を。
襟の始末が下手っぴで、いつも襟元がフカフカしてしますのですが、
今回の集まりで着付け先生もされていらっしゃる方にアドバイスを頂きまして・・・
次回は、もうちょっとマシに着れるのではないかと期待しています!

この訪問着は、普段のお茶会で亭主側の時もOKみたいです。
帯を少し大人しいものに変えたらいいので、
どこかのお茶会に着ていきたいですね。
この訪問着に袖を通したのは、久しぶりの気がします・・・
と思って過去の記事を振り返ってみたら、
2007年3月に着付けの認定式で着て以来でした(^^;
一番馴染みのある着物のせいか、もっと着てる気がしてましたが、
2年ぶりだったのね~
と、懐かしい気持ちになりました。

さて、2月になり袷の時期も残すところ3ヶ月ほど。
華やぐ桜の季節を前に、まずは梅観賞に行きたいものですが・・・
[PR]
by nirakuy | 2010-02-11 06:36 | 茶道

向切本勝手 濃茶・薄茶

お茶のお稽古は、前回に引き続き特殊点前となりました。
前回は見学だけだった向切のお稽古を。

丸畳の突込茶道口と、台目切の曲り茶道口。
足の運びなどが微妙に変わってきますが、お道具の置く位置などは、どちらも同じです。
とはいえ、普段の出炉とは違う位置に炉が切ってあり、お道具の位置も出炉とは違うので、
あるはずの場所にお道具がない!
ということもあって、平点前でも
あらら?
と迷って手が止まることが多くありました。

来月からは大炉が開けられ、逆勝手が多くなるでしょうから、
頭の体操は、まだまだ続きそうです・・・。
[PR]
by nirakuy | 2010-01-28 06:54 | 茶道

お茶の稽古~逆勝手、台目切、花月~

定時ダッシュで家に帰り夕飯の支度をすませ、
今回は久しぶりに?も気合いれてお稽古!!
と勢い込んでお稽古場に入ってみると、
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
なんかいつもと雰囲気が違う!?

お客さんの位置はもちろん、亭主がなーんか変なところに座ってお点前してるんですよ。
八畳間の真ん中あたり。
亭主の右前に炉はあるし、水指は亭主の左前だし・・・

「向切」というのだそうです。
炉の切り方のことなのですが、壁側に炉を切ると「隅炉」、客側に切ると「向切」なのだとか。
炉が点前座に入り込む分、点前のスペースが狭くなります。
ですから、水指の位置も変わるんですね。

向切ではお点前しませんでしたが、私は「逆勝手」の「台目切」でお稽古。
通常、亭主の右にお客様がいらっしゃいますが、亭主の左にお客様がいらっしゃるようになります。
逆勝手の代表といえば、大炉ですかね。
もう少しすると大炉の時期になります。
一足早く逆勝手のお勉強でした。
ちなみに、後で、逆勝手の花月もやりました。

「台目切」は点前座が3/4畳しかありません。
点前座が狭くなる分、道具の置き方が若干変わります。

今回のお稽古は、特殊点前のオンパレード。
頭使いすぎて、途中、別世界に行ってしまわれる方も・・・(^^;
それでも、お茶は楽しいのです(笑)
[PR]
by nirakuy | 2010-01-21 07:34 | 茶道

2010年 初釜

初釜、行って来ました。
寒の内だというのに、とても日和が良く、暖かな一日でした。

朝、実家の母たちが到着して落ち着く?のを見届けてから、主人に送ってもらいました。
主人とユウ君は、母たちとお留守番です(^^;

今年の参加者は約20名で和気藹々と。
お稽古の曜日が違う方とは、同社中でも中々お会いできないので、
それこそ、昨年の初釜以来!な方もいらっしゃったりします。

お軸は「千年翠」。
これに、神鈴、結び柳。
お抹茶は先生特製ブレンド!
主菓子は恒例の花びら餅、干菓子は凧に羽子板。

最初に先生のお点前による濃茶を頂きました。
濃茶といえば、昨年最後のお茶事で6人分を練ったら、ダマは残るし濃すぎるし・・・
と大変な思いをしたことを思い出しつつ、花びら餅を食べながら待ち、濃茶を頂きました。
大人数でも美味しく頂ける・・・さすが先生!
全員分を先生が点ててくださり、懐石、薄茶へと続きました。

薄茶では、初おろしの十徳を着てらした方がお点前を、
途中、私を含め数人が交代で点て、初稽古をさせて頂きました。
赤富士やら六瓢やら小槌やら、おめでたい柄の抹茶碗がいくつも出て楽しかったです。
厳粛な濃茶に比べ、あれこれお喋りしながらの楽しいお席になりました。

c0114942_9563730.jpg
着物は、こういう機会じゃないと着れないということもあり、
雪かぶりの竹の訪問着に、菱の袋帯で。
帯揚げは梅柄の白、帯締めは白系がなかったので全体が明るくなるようにピンクで。
c0114942_957419.jpg
髪は、蝶のかんざし(二本足)で夜会巻き。
ほんとは、一本かんざしを仕入れていたんですが、
初釜にはちょっと地味?だったので、普段のお茶会用にします。



夜会巻きにされていた方が他にもいらしたのですが、
飾り無しだったのと、巻く向きやピンを挿す向きのせいか、
同じ夜会巻きでも全然雰囲気が違っていました!
こんなに違うの~!?
と、巻き髪談義でちょっと盛り上がりました(笑)

何はともあれ、また一年、お稽古に励みたいと思います。
[PR]
by nirakuy | 2010-01-12 12:09 | 茶道

お茶事と許状引次

年内最後の更新になりそうです。

真台子、大円真のお許状と、正引次取得のお茶事に参加してきました。
とうとうここまで来たか・・・というのが正直なところでしょうか。
でもですね、正直、茶事の間は許状のことなんて忘れていました(ーー;
初亭主・・・忙しかった・・・。

正午の茶事。
準備、迎えつけ、挨拶、初炭手前、懐石、濃茶、続き薄茶、お見送り、片付け。

こうやって書くと、意外と簡単そうだわね(笑)

1~2度しかお稽古していない炭手前では、
手順わかってないし、灰の撒き方は下手だし、炭はきれいに並ばないし。
一番大変だったのは懐石でしょうか。
お手伝い来て下さった姉弟子さんから、
はい次!はい次はコレ!
と渡されるままに運ぶだけ・・・。
濃茶は6服も点てたことないから、分量わからないし、だまになるし。
自分で箱から出したお道具も、ほとんど名前なんて覚えていないし。
薄茶ではお茶碗倒してせっかく点てたお抹茶をこぼしてしまうし。
お客さんたちは、こういうアクシデントは馴れっこみたいでしたが・・・。
あ、でもお薄は
美味しい♪
とおっしゃって頂けて、ちょっとほっとしました。

そんなこんなで、
お見送りは省略して、許状渡すから入ってらっしゃい
と言われるまで、許状の事はすっかり頭から抜けていたわけでして・・・
そうか、この忙しさは、この為だったんだ
と、ふと我に返りました。
茶事の間中、床の間に飾ってあったのですけどね(^^;
c0114942_0124198.jpg

しかし、真の許状は大きいですね・・・
後ろにあるのはA4サイズの封筒です。
徐々に大きくなってますよ、許状。
今回、茶事をしてみて、茶道の大変さ・奥深さを改めて思い知りました。
普段のお稽古でしているお点前は、茶事の中では、極々一部。
一番大事な一部ではあるけれど、全体として3~4時間かかるお茶事の中で、
お茶を点てているのは1/3?1/4かも!?
お点前以外にしなくてはいけないこと、覚えなくてはいけない事のなんと多い事か。
許状には、
尚更 茶道大切に誠意を以って 修業成すべき者也
という言葉が添えられていますが、思わず
ははーっ
とひれ伏しそうになってしまいました。

参加してくださった姉弟子さんは、お祝いに♪とコチラを差し入れて下さいました。
ちょっと嬉しい心づかいでした。
c0114942_011959.jpg


~着物でお茶事~
[PR]
by nirakuy | 2009-12-30 00:14 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30