コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

薄茶平点前

お茶のお稽古 9回目行ってきました。
今回から、柄杓を使った本格的なお点前を教えていただくようになりました。お盆を使った盆略点前の時はやかんを使うのですが、これが釜と柄杓と水差しに変わります。道具が増えるので手順も多くて大変でした。

まず、柄杓の扱い方を練習(割稽古)してから、一番基本的な薄茶平点前のお稽古という流れでした。

柄杓を釜に置く置き方だけで3通りあり、釜にかけてある柄杓の取り方も2通りあります。一つづつ教えていただいたのですが、どうにもこんがらがってでも、ちゃんと決まりがあるんですよね。

お湯を汲むときは手のひらを上にした陽の手で取って、
水を汲むときは手の甲を上にした陰の手で取るんだそうです。

置き方も、
最初の茶筅通しは 置き柄杓、
お茶を点てるときは 切り柄杓、
戻ってきたお茶碗をすすぐときは 置き柄杓、
水を扱ったときは 引き柄杓
なんだとか。(あってるのかしら・・・)

体の正面で構える 鏡柄杓
というのもあったわ・・・


ここまで練習して、いざ平点前を通しでやってみることに。
やってはみましたが、何がなにやらっていうのが一番の感想でしたね。柄杓を扱うときの腕の角度や手の形など気をつけることがいっぱいです。手や腕に気をつけていると、どこに置くのか忘れたりもしましたし(笑)体に馴染むまで時間がかかりそうですが、しばらくは平点前が続くので、地道に覚えていこうと思います。

でも一番の心配は、盆略や千歳盆のお点前を忘れてしまいそうなことかなぁ( ̄▽ ̄;
[PR]
by nirakuy | 2006-06-08 15:28 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30