コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

貴人点・貴人清次

忘れる前に、年内最後のお茶のお稽古に行ってきたので、その更新から。

***********************

このたびのお稽古は、貴人点・貴人清次と入子点をしました。

まず、貴人点。[きにんだて]と読みます。
通常、貴人は[きじん]と読むことが多いようですが、お茶の世界では音にも注意をして[じん]を[にん]と濁らず発音することで優しさ、柔らかさを表現するのだそうです。
貴人、つまり高貴な方にするお点前のことで、薄茶の中でも、複雑で変化に富むものだそうです。普通は茶碗をそのまま出しますが、きちんと貴人台と呼ばれる台にのせて出します。

貴人清次[きよつぐ]は、貴人さんとそのお供の方にお茶を点てるお点前です。お供の方には、貴人台は使いませんし、茶筅も煤竹で出来た黒い茶筅を使い、茶巾も千鳥にたたんだものを使うなど、貴人さんとは差がつけられます。道具が増えただけ手数も増え、薄茶の中では一番ややこしいかもと先生はおっしゃっていました。

入子点は、道具のほとんどを最初から飾り棚に飾っておいて、建水と茶碗のみ持って入ります。道具を一度に持って入るため行ったり来たりがなく、お年を召した方がされるお点前だそうです。特徴的なのは、杉を曲げた建水を使うことです。

ここ1ヶ月ほど、一番初歩の入門のお稽古を卒業?して、次の段階である小習のお稽古をしています。
小習は、前八箇条、後八箇条の全十六箇条のお点前があります。
これまで教えていただいたのは、前八箇条から4つ(貴人点・貴人清次・茶杓荘[かざり]・茶碗荘)と後八箇条から1つ(入子点)です。5つやった割には覚えているような、いないような・・・。
まだまだ先は長いです(^^;

**********************

今回は、もう一段階上のお許状の申請もしてきました。小習だけでもまだまだあるのに、さらにすることが増えますね(笑

初釜の申し込みもしてきました。
先生が一年に一度だけ、お濃茶を点てられる日だそうなので、是非に!と。何を着ていこうか考えなくてわっ。

それと、裏千家の青年部に入りませんかとお声をかけていただいていたので、そちらもお願いしてきました。年明けからの活動になるようですが、習ったお茶を実践していく場を得られるので、出来る限り参加してみたいと思います。なにより、着物を着る機会が増えそうなのがうれしいです☆

c0114942_1210118.jpg着物と言えば、11月のお稽古で着たのがあるので覚書かわりにUP。
鹿の子柄の白大島に、骨董市で購入した名古屋帯です。帯揚げ、帯締めは茶系で秋らしくシックに。足袋、半襟は白を使いました。
[PR]
by nirakuy | 2006-12-26 12:08 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30