コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

濃茶平点前・貴人点・筒茶碗

昨日、お茶のお稽古行ってきました。
雨だったので、残念ながら洋服で。

まず、濃茶平点前(炉)をさせていただきました。
前回濃茶を点てるところのみさせていただいたのですが、今回は通しで。平点前なので、濃茶の基本のお点前となります。
手順の多いこと多いこと薄茶なら、一度釜の蓋を開けたら最後までそのままですが、濃茶は開けたり閉めたり開けたり閉めたり・・・。濃茶の練り加減も難しかったですし、薄茶ではなかった仕覆の扱いもややこしくて。

点前も手数が多くて大変ですが、新たに覚える言葉も沢山ありました。
濃茶では、使用した抹茶のお茶銘や、製造元?であるお詰、主菓子の銘と製造元(お製)が基本問答としてあります。今回はしませんでしたが、さらに床飾りや花入れ、お花についても問答があるそうです。さーらーにっ、薄茶では使わないお仕覆も、布地やお仕立てについて最後に問答があります。有名どころとして、お詰は福寿園を、お仕立は土田友湖(千家十職)を教えていただきました。

ちなみに、お菓子は鶴屋吉信の福豆でした。そういえば、もうすぐ節分ですよね♪

その後、他の方が貴人点をされたので、半東役を。
亭主が点てたお茶、貴人さんが飲んだ後の茶碗、拝見に出す棗・茶杓などを取り次ぐ役です。貴人さんは偉いから、動かないのです。取り次ぐ以外することはなく、頃合をみて座に入り、取り次ぐとき以外は部屋の端でじっと控えて目立たないようにしています。
つい忘れてしまうのが部屋の出入りは立ってではなく、にじるということかなと。

次に、筒茶碗で薄茶のお点前をしました。
筒茶碗は、寒い冬の時期に使い、普通のお茶碗より筒型で深くなっています。このお茶碗だと熱が中にこもり冷めにくいため、寒い時期に用いるのだそうです。
お点前では、茶巾の扱いが代わります。深さがあるため通常の茶巾の扱いでは手が茶碗の口につかえて扱いにくくなります。そこで、中指と人差し指で茶巾をはさんで使いました。これはこれでコツのありそうな、作法でした。

最後に、濃茶の割り稽古を少しして終わりました。
中々に密度の濃いお稽古だったと思います。
[PR]
by nirakuy | 2007-01-31 11:46 | 茶道
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31