コレモソレモアレモドレモ

koremo.exblog.jp ブログトップ

帰省の収穫その2

  かくかくしかじかで、母が着ない着物が我が家へ来ることになりました。

そう旦那さんに言うと、
  入れるとこないじゃん!

そうなのよ、困るのよ~私も。
  だから、桐箪笥、もう一棹買っていい?

そうくるか!って顔をしつつ
  じゃぁ、一段ね

  ん、深いやつをね

怪訝な顔で、
  今入らないのが入るだけの深さね

  ん、だから深~いやつね

どんどん顔が曇って
  ・・・どれだけ増えるの?

  いっぱい(^0^)

c0114942_9261542.jpgで、見せたのがこの山。


喪服・絽と単衣
水色の色無地・絽
辻が花調の付下げ・単衣
笹の葉に雪化粧の付下げ・袷

名古屋帯



箱詰め用に三つ折にしたままを撮ったので特に多く見えちゃうかも(^^;
元々の持ち主は、大叔母なんですけどね。体を悪くしてもう着ないからということで、母に譲られていたものです。大叔母が京都に住んでいた時に誂えた物が多く、いい着物が沢山。着物ってこうして代々着継がれていくものなのだなと、改めて感じました。
今は、母の兄弟に着物を着る方がいらっしゃらないため、このまま行くと、いつか祖母や母の着物が全部私のところに来るのでしょうね。収納場所はもちろん、それらを着るためには身丈や袖丈、裄丈を直す必要も出てくるでしょう。それを全部呉服屋さんにお願いするとなると金銭的に難しいんですよね。とりあえず袖の直しだけでも自分で出来たほうがいいかなと思うこの頃。近いうちに祖母に袖の直し方を教えて貰おうと思っています。折角の着物、頂き物でも自分で着れるようにしなくちゃね。

一枚一枚は、着たときに紹介するとして、帰省の収穫その2ってことでUPしておきます。
染みや焼けがひどいものもあるので、一枚一枚チェックしてきれいにしておかないとっ。どこにお願いしようかしら。

あ、桐箱だか桐箪笥だかも探さなくては・・・葛篭もいいな。
[PR]
by nirakuy | 2007-03-11 23:28 | 着物
line

パンを最後に焼いたのは何時かしら・・・今のメインは、茶道(裏千家)日記と着物覚書を中心に子どもの事やお気に入りたち。  by ゆか

line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31